体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ポルトガル在住の日本人女性が、現地の友人と始めたチョコレートブランド

ポルトガル在住の日本人女性が、現地の友人と始めたチョコレートブランド&ショップ

(C) facebook/FEITORIA DO CACAO

「ビーン・トゥ・バー」という言葉をご存知でしょうか。英語で書くと「Bean To Bar」、直訳すると「豆からバーに」。これは近年のチョコレートづくりにおけるひとつのムーブメントで、カカオ豆の選別やロースト、粉砕などの加工からチョコレートバー(板チョコ)になるまでのプロセスを、全て作り手が手がけることを指します。

ポルトガル在住の日本人女性が、現地の友人と始めたチョコレートブランド&ショップ

(C) facebook/FEITORIA DO CACAO

2015年12月にポルトガル中部の街アヴェイロ(Aveiro)にそんなビーントゥバーのチョコレートショップがオープンし、話題になっています。

不思議な夢に導かれたチョコレート作りへの道

お店のオーナーは、ポルトガル在住日本人の菅知子さんと現地の親友スー・タヴァーレス(Sue Tavares)さん。

ポルトガル在住の日本人女性が、現地の友人と始めたチョコレートブランド&ショップ

(C) facebook/FEITORIA DO CACAO

スーさんが失職中に見た「チョコレート作りをするようになる」という不思議な夢に導かれるように、ショコラティエ(チョコレートからお菓子を作る、チョコレート専門の菓子職人。カカオ豆からチョコレートを作る職人とは別)になることを意識するようになった二人。ショコラティエ養成コースの受講申し込み後、アフリカの小島、旧ポルトガル領のサントメ・プリンシペ民主共和国が良質なカカオの生産地で、チョコレートと縁の深い場所だと知ります。コースが始まる前に視察のため現地を訪れようと2014年7月に当地に降り立った二人は、訪ねたカカオ農園でサントメの人々の無垢なやさしさとホスピタリティーに感動する一方、あまりにも過酷な彼らの経済生活にショックを受けたといいます。

ポルトガル在住の日本人女性が、現地の友人と始めたチョコレートブランド&ショップ

(C) facebook/FEITORIA DO CACAO

菅さんはTABIZINEの取材に対し、「リッチできらびやかなチョコレート産業およびその消費国と、カカオ生産国との間の経済的ギャップはひどすぎます。カカオ生産者のためにできることはないだろうかと考えました」と当時の気持ちを語ってくれました。

「ビーン・トゥ・バー」を目指すチャレンジ

そんな中、二人は「ビーン・トゥ・バー」の潮流がアメリカを中心に広がりつつあることを知り、カカオ購入者になるべく、急きょ「チョコレート・メーカー養成コース」も追加申請。そして2014年の8月から11月にかけてショコラティエ・コースから休みなくチョコレート・メーキングの2つのコースを受講することになりました。そしてコース修了後、2015年3月には早くも自宅でチョコレートの試作とオリジナル・デザインのパッケージ試作をスタートし、サンプルを配る生活に。

ポルトガル在住の日本人女性が、現地の友人と始めたチョコレートブランド&ショップ

(C) facebook/FEITORIA DO CACAO

そのひとつが日本の輸入関係者の手に渡り、ショップの工房設備が整う前に発注予約が入ってしまったからさあ大変! 食品に関する施設をポルトガルでオープンするための厄介な認可取得や様々な事務手続き、更には、自分たちの工房とはいっても慣れない機材を使っての初めての生産で時間との戦いが続きます。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。