体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

かわいい自家製かき氷♡沖縄中部を観光するなら立ち寄りたい、かき氷専門店

かわいい自家製かき氷♡沖縄中部を観光するなら立ち寄りたい、かき氷専門店 ruan+shimairo

夏だし暑いからかき氷!という単純な理由だけではない魅力があるかき氷専門店。

それがこちらで紹介している「ruan+shimairo」です。かき氷の器にもこだわっていて、瑠庵の店主・西澤さんは神奈川でかき氷の修業後、沖縄へやって来て、そこで陶芸家・島袋さんの器と出会い、「これぞ運命!」と2人の合作が誕生して今にいたるんだそうです。

おいしいだけじゃない、素敵なストーリーも存在するかき氷専門店なのです。

1.ruan+shimairo(ルアンプラスシマイロ)

沖縄中部観光の際は、ぜひruan+shimairoの島メイドの器でいただく自家製シロップのかき氷を。

ruan+shimairo 左のオレンジ色がマンゴーみるく750円、右のピンクがいちご600円。最後の1滴まで美味しく味わえ、かき氷というよりはスイーツです。 ruan+shimairo 薄く削られた氷は、口当たりがふんわりやわらか

オレンジ色のマンゴーみるく(750円)、ピンクのいちご(600円)とどちらも見た目もきれいでおいしそうです。薄く削られた氷は、口当たりがふんわりやわらかで、最後の1滴まで美味しく味わえます。かき氷というよりはスイーツといったほうがいいかもしれません。

器は島袋さんがオリジナルで作ったものでこちらも可愛らしいデザインになっています。かき氷も器も、取材時「可愛い!」と一同大興奮でした。女子はぜひとも訪れたいおすすめのお店です。

お店は10時~18時(LO17時30分) の営業になるため、あまり遅くならないよう早めにいくといいかもしれません。

お店の外装も店内も素敵♪

ruan+shimairo

海中道路を渡り道なりに進むと看板があり、緑の外観が現れる

ruan+shimairo ruan+shimairo 店内はカウンターとテーブル席。器販売のコーナーも
1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会