ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

4Kで360度撮影できるカメラ付きヘルメット、間もなく登場!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

新鮮なアングルで迫力ある映像が撮れるとして人気のアクションカメラ。自転車やバイクのハンドルなどに取り付けられるものが主流だが、間もなく登場するのはアクションカメラ付きのヘルメット。

わざわざカメラを取り付けなくても、スノーボードや自転車、バイクなどを楽しむ時、ヘルメットのカメラで周囲360度を4Kという高画質で撮影できる。

・GPSも内蔵

アメリカの老舗ヘルメットメーカー「Bell」がこのほど発表した。開発にあたっては、天球カメラで知られる360flyの協力を得ている。

Bellによると、カメラの性能は解像度2880×2880、フレームレート30fps。GPSを内蔵しているので位置情報もタグできる。

そして、ただ目の前の光景を撮るだけでなく、被写体を自動追跡して撮影するAutoPilot機能も備えている。

・専用アプリですぐにチェック

撮影後はすぐにチェックしたいもの。そうしたニーズに応えて、カメラ専用のモバイルアプリも用意されていて、ユーザーは撮影したものをすぐにアプリで閲覧でき、YouTubeやFacebookなどでシェアできる。

マイクロHDMIアクセサリーベースなどをつければライブストリーミングも可能だ。

加えて、衝突回避機能も搭載しているので、安全を確保しながらアクション撮影したいという人にはまさにうってつけのヘルメットだろう。価格はまだ未定となっている。

Bell

Techable(テッカブル) -海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイト
カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP