体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「4LDK・98平米」の建売一戸建て、2軒の暮らし方の違いは?

「4LDK・98平米」の建売一戸建て、2軒の暮らし方の違いは?

理想の暮らしをかなえるなら、やっぱり注文住宅かな…? でも、実は最近の分譲マンションや建売一戸建ての間取りは、多くのユーザーの声やトレンドが反映されて自由度もかなり高いって知ってました? ここでは、同じ分譲地に立つ、ほぼ同じ間取りの建売一戸建て2軒の暮らし方を通じて、理想の暮らしの実現度をご紹介します。
1階は家族の空間、2階は個人スペース。暮らし方は二通り!

Nさんファミリー(夫42歳、妻33歳、長女2歳)。2015年8月入居 建物面積約98㎡、4LDK+ウォークインクローゼット、土間収納、パントリー

Nさんファミリー(夫42歳、妻33歳、長女2歳)。2015年8月入居 建物面積約98m2、4LDK+ウォークインクローゼット、土間収納、パントリー

まずは家族のだんらんも、個人のスペースも両方大事にしたいNさん宅を訪問。現在から将来まで住み続けることをふまえて、1階には家族みんなでゆったり過ごせそうなリビングダイニング+和室があり、2階には親子それぞれで使えて二通りの過ごし方ができる部屋割りにしている。「気に入ったのは2階の3室の独立性の高さ。トイレや収納も挟まれているので音が聞こえにくいんです」(夫)

妻の実家は注文住宅で希望に即した間取りだったが、キッチンが独立していてリビング、ダイニングの様子が分かりづらいこともあったという。「その点ここは完全なオープンで、家族や来客とのおしゃべりが楽しいです。コンロ横の窓なども開放的で考えられた間取りだと思います」(妻)

【画像1】リビング・和室/写真奥の和室は妻、長女の寝室を兼ねている。真四角の畳が並んだモダンな空間で、リビングの一部という感覚。2階にも寝室があり、こちらは夫用。2室に分けたのは帰りの遅い夫が家族を起こしたくないという配慮から(写真撮影/柴田ひろあき)

【画像1】リビング・和室/写真奥の和室は妻、長女の寝室を兼ねている。真四角の畳が並んだモダンな空間で、リビングの一部という感覚。2階にも寝室があり、こちらは夫用。2室に分けたのは帰りの遅い夫が家族を起こしたくないという配慮から(写真撮影/柴田ひろあき)

【画像2】ダイニング・キッチン/妻は子どもが遊んでいるのを見守りながら料理ができるのも気に入っているとのこと。キッチンの窓に加えてダイニングにも窓があり、明るいスペースに。右の棚は造り付けで小物を置くのに便利(写真撮影/柴田ひろあき)

【画像2】ダイニング・キッチン/妻は子どもが遊んでいるのを見守りながら料理ができるのも気に入っているとのこと。キッチンの窓に加えてダイニングにも窓があり、明るいスペースに。右の棚は造り付けで小物を置くのに便利(写真撮影/柴田ひろあき)

【画像3】パントリー/キッチンのコーナーもあり、1畳超の広さがあるうえ、約2.7mの天井高いっぱいまで使える。棚が可動式で多様な食材、モノを効率的にしまえるのでキッチンはいつもスッキリ(写真撮影/柴田ひろあき)

【画像3】パントリー/キッチンのコーナーもあり、1畳超の広さがあるうえ、約2.7mの天井高いっぱいまで使える。棚が可動式で多様な食材、モノを効率的にしまえるのでキッチンはいつもスッキリ(写真撮影/柴田ひろあき)

【画像4】子ども部屋/おもちゃはすべて2階の子ども部屋に集め、ここで使うのがNさん宅のルール。遊びたいときは母と一緒に階段を上がって移動してくる。自分のモノは自分で管理する意識が芽生えたそうだ(写真撮影/柴田ひろあき)
1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。