ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

北京で偽医薬品CM流す違法ラジオ局暗躍 航空への影響も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 中国の首都・北京ではここ数年来、違法ラジオ局が暗躍中だ。彼らは医薬品の販売目的で、法律では禁じられている自主制作のCMを放送するなどしており、そうした理由から2014年3月からこれまで50以上の違法ラジオ局が摘発され、7人が逮捕されている。

 売られている医薬品も偽物が多く、健康被害も出ているほか、違法ラジオ局の電波の影響で他のラジオ番組が電波ジャックされているほか、旅客機の通信も妨害されるなど、一歩間違えば大きな事故につながる可能性がある。

 北京紙「新京報」が独自ネタとして報じたもので、同紙記者が昨年末から1月下旬までのほぼ1か月間、小型高性能ラジオをもって周波数を変えながら、違法ラジオ局を探して出しては、当事者に取材した。

 それによると、これらの違法ラジオ局の設備などをそろえるのに5000元(約10万円)もあれば足りるという。違法ラジオ局の電波は半径10km圏内に届くため、北京市郊外にラジオ局を設置しても、市中心部には十分届く。ある違法ラジオ局開設者は「薬の売り上げは3か月で80万元あった」と語っており、十分、元手はとれることになる。

 しかも、警察関係者によると、違法ラジオ局はマンションの1室でも開設できる見つかる可能性が極めて低いのが現状だ。このため、現在、北京市内だけで、100以上もの違法ラジオ局が暗躍しているという。

 彼らの売っている薬品は強精剤が主な商品で、朝鮮ニンジンや、鹿の角などが成分と謳っているものもあるが、ほとんどが偽物といわれる。

 違法ラジオ局の放送では、これらの商品名を連呼し、安いことを印象付け、「いまから1時間は地下鉄×号線の××駅の×番出口にいる」などと販売場所を指定。短時間で場所を移動し、警察の追及を逃れるなど、手が込んでいる。

 しかも、同じような周波数の本物のラジオ番組が電波ジャックされるケースもあり、社会的な被害も多い。さらに、深刻なのは、航空機の通信に影響を与えるケースも出ており、「今後、大きな事故につながる可能性も指摘されている」と同紙は警告している。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
さだまさしが愛をこめて描く深夜ラジオ小説『ラストレター』
吉田照美が久米宏路線を目指して道が開けた人生を描いた書
ジャパネットたかた社長 話術を磨いたのはラジオ通販番組

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP