ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

指先でなぞるだけで簡単に「音が作れる」アプリ【なにこれ、やってみたい!】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

もしも、音を描くことができたなら…。音を生み出すのに必要なのは、指先だけ。だれもが直感的に「音楽をつくる楽しみ」に出会える音楽アプリが誕生しました。専門的な知識なんかなくたって、音が生まれるってホント楽しい!

直感的に「音」を楽しめる
なぞるだけの音楽アプリ

画面の上を指でなぞって曲線を描くだけで、それが音になる。「SoundBow」は指を使った新感覚の音楽アプリです。指の動きに合わせて音色がループ状に連続再生されていくというもの。シンプルで美しいビジュアルインターフェイスもGOOD!

まずは、画面上の動きを見てみましょう。
指でなぞった曲線の後を追っかけるように、音が奏でられていきます。

この縦に配されたラインの一つひとつが、弦楽器でいうところのストリングス(弦)の役割。上下に配された円の穴の大きさは音程を表しています。つまり、指でなぞる位置や方向によって音階がさまざまに変化し、同時に複数の曲線を描いてハーモニーを生み出すことだって可能な優れものなのです。

ピッチは伸縮も移動も自在

まだまだこんな楽しみ方も。各ストリングスをピンチして移動させ重ね合わせる。いったいどんな音ができあがるんでしょうね。

これまで、ある程度の専門知識がなければ楽曲編集はできない、と思われていた人たちでも「Sound Bow」なら指先だけで、好きなトーンを自在に“いじくる”ことができる。音を楽しむキッカケづくりにはもってこいでしょ?

好きな音を録音して
アプリ内に取り込める

さらには、デバイスに内蔵されたマイクを通して、好きな音を録音することも。たとえばグラスを叩いて「チーン」、拍手や手拍子、自分の声だってOKです。

複数組み合わせて
同時に奏でることも

こうして集めた音を、それぞれ編集感覚で画面をなぞって落とし込み、サウンドを複合的に重ねて楽しむ。もはや、どんな音色になるかは、やってみないと分かりません。是非、動画でその独特の音色を聴いてみてください!

ギターやベース、シンセサイザーを使って音楽を奏でる人たちは、楽曲を録音したり編集したりしながら楽しむことができるでしょう。でも、楽器に触れたことがなくたって、「Sound Bow」ならだれでもオリジナルのサウンドが、こんなにも簡単にできてしまう。楽器のできる友だちと集まっても、ひとり足でリズムをとったり、膝の上を手で叩くだけの、バツの悪い時間を過ごすことはもうないかも。

Licensed material used with permission by Binaura

関連記事リンク(外部サイト)

録音した音を、その場でいじって演奏できるシンセサイザー「Collidoscope」
最も影響力のある「音楽ジャンル」が判明!科学者が17,904曲を検証して、判明した音楽史の真相とは?
体内時計を整えてくれるルームランプ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP