ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

どこでも映画鑑賞!プロジェクター「JmGO View」はストレージをビルトイン!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

小型化が競われる傾向にあるプロジェクターだが、間もなく登場する「JmGO View」は、大きさより機能性を前面に打ち出している。

というのも、16GBものストレージを内蔵し、開発元は「シアターを持ち運べる」とうたう。

・映画数本分をストック!

厳密に言うと、JmGO Viewにビルトインされているストレージは8GB。そこに、コンパクトフラッシュなどのメモリーカードで8GBを加えられる。

16GBと言うと、画質や長さによっても異なってくるが映画なら数本は余裕で収まる。なので、友達と集まって映画を観る時など、このポータブルなプロジェクターにあらかじめ用意しておけば、どこでも鑑賞会を開ける。

・3Dビデオも楽しめる

また、このプロジェクターの売りの一つが、3Dビデオにも対応すること。そして180インチまで映し出せるので、迫力のある映像を楽しめる。

解像度は1280×720ピクセル、明るさは250ルーメン。操作はJmGO Viewにあるボタンか、連携するスマホアプリで行う。

・間もなくIndiegogoに

ありそうでなかったこのストレージ付きプロジェクター、先月ラスベガスで開かれた家電見本市(CES)でお披露目されたばかり。

そして間もなくクラウドファンディングサイトIndiegogoに登場する見込みとなっている。メールを登録しておけばいち早く案内が届くので、お得にゲットするチャンスだ。

JmGO View

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP