ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

爆睡。春眠に備えて整えておきたい寝具

DATE:
  • ガジェット通信を≫

睡眠不足は美の大敵。体調を整え、いつも美肌でいる為には良質な睡眠が欠かせません。質の高い睡眠をとるには、室内環境をよくすることもポイント
そこで、眠り美人になるためのインテリア選びを紹介します。

ふわふわのマシュマロ枕に包まれる

気持ちよく眠るためには、寝心地のよい枕を選びたい。枕を選ぶときには、好みの頭の高さで決めるのがベストです。
高めが好きな人はフェザーの枕、低めが好きな人は低反発にすると寝心地がよいはず。
また、汗をかきやすい人はポリエステル素材の枕を選べば、家庭の洗濯機でこまめに洗えます。ふんわりとしたボリューム感ではフェザーの枕に劣るものの、お手頃な価格がうれしいところ。
私が使用しているのは、『アンニーク』の「マシュマロまくら レディース」。

アンニーク マシュマロまくら レディース
13,000円(税抜)
ハート形になっていて、心地よく頭を包み込んでくれます。まるでマシュマロのような肌触りが気持ちいい。

センスの良い小物使いで気分を上げる

機能性だけでなく、見た目にもこだわったインテリア選びをすれば、毎晩寝るのがもっと楽しみになるはず。そのため、インテリアに小物をプラスするときには、色の配分が大切。たくさん盛り込みすぎると統一感が出ないので、引き算で考えます。
たとえば、ベッドに小物を足すならスローとクッション。

スローとは、ホテルで見かけるベッドの足元にかかっている帯のような1枚の長い布のこと。ブランケットでも代用できますが、ポイントは掛け布団よりも短めということ。色味を加えて、全体のアクセントにしましょう。
クッションも同じく色味を足るのが◎。夏はリネン、冬はファー素材など、季節に合わせて素材もコーディネートすると、季節感が出るし、よりスタイリッシュになります。
眠り美人のためには、快適な室内環境を作ることが大切! 春までにお気に入りの小物を見つけて、ぐっすりと眠りについて。
image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
・「あのデニムかわいい」表参道で振り返られる、その法則は「すそ」にあった
・テイラー・スウィフト、ゲームになる
・男性の「バレンタインとかあげるの?」にドキドキさせる返答

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP