体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【東海居住者が選ぶ人気温泉地3位】加賀温泉郷の観光スポットまとめ

【東海居住者が選ぶ人気温泉地3位】加賀温泉郷の観光スポットまとめ 甘エビ

「じゃらん人気温泉地ランキング2016」で東海地方の在住者が「もう一度行ってみたい温泉地」として選んだ第3位の人気温泉。それが石川県・加賀温泉郷です。

加賀温泉郷の魅力はなんといっても夕食を賑わす日本海の新鮮な魚介類。おいしい料理と温泉という最高の組み合わせを加賀温泉郷では楽しむことができます。

1.加賀温泉郷

4つの温泉からなる温泉郷で加賀四湯とも呼ばれる。

加賀温泉郷は、あわづ温泉、片山津温泉、山中温泉、山代温泉の4つの温泉から成る温泉郷。北陸三県のちょうど真ん中。加賀四湯とも呼ばれ、多くの文人も訪れた名湯揃いです。

各温泉地間は車で30分程度とコンパクトにまとまっているので、 多くの見どころを効率よく回れるのも人気の理由のようです。

電車アクセス派には、 年中無休で運行する加賀温泉周遊バス「キャンバス」 (1200円で2日間有効) も便利なので覚えておきましょう。

古くは湯治場として栄えた北陸エリア最古の温泉地、「あわづ温泉」。

あわづ温泉2008年にオープンした総湯 あわづ温泉 恋人の聖地としてカップルにも人気がある

世界一古い宿泊施設として一時ギネスブックにも載った「旅館法師」ほか、十数軒の宿が点在しています。温泉地として1300年もの歴史を持つ一方で、恋人の聖地など新名所も整備されているので、カップルでのデート旅行にもおすすめです。

伝統体験ができる「伝統工芸村ゆのくにの森」 や芭蕉ゆかりの寺「那谷寺」など見どころもたくさんです。 あわづ温泉

TEL/0761-65-1834(あわづ温泉観光協会)

アクセス/車:北陸道加賀ICより20分

電車:JR加賀温泉駅よりタクシーで20分

「あわづ温泉」の詳細はこちら

水辺の景色に心が和む湖と山が作り出す景観美「片山津温泉」。

片山津温泉 柴山潟に面して立つ旅館群 片山津温泉スタイリッシュなデザインが話題の総湯

一日に七回色を変えるといわれる彩湖、柴山潟(しばやまがた)の周辺に、旅館が立ち並んでいます。江戸時代に発見されて以来、湖畔のまちとして栄えてきた場所で柴山潟周辺のサイクリングロードも人気です。スタイリッシュなデザインの総湯も話題です。

源泉豆腐作り体験、甘味処の「芸妓検番 花館」や「中谷宇吉郎 雪の科学館」などの人気スポットもお見逃しなく。 片山津温泉

TEL/0761-74-1123(片山津温泉観光協会)

アクセス/車:北陸道加賀ICより15分

電車:JR加賀温泉駅より路線バス10~30分

「片山津温泉」の詳細はこちら

土産店や飲食店も充実したまち歩きが楽しい温泉地「山中温泉」。

山中温泉地元民も利用する総湯「菊の湯」
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会