体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【孫正義氏も認めたプレゼン術】前田鎌利さん直伝!プレゼンテクニックでキャリアを切り開け!

生活・趣味
【孫正義氏も認めたプレゼン術】前田鎌利さん直伝!プレゼンテクニックでキャリアを切り開け! f:id:tany_tanimoto:20160201150238j:plain

あなたのアイデアは、ちゃんと上司に伝わっていますか? 気合いを入れて、ときには徹夜までして仕上げた企画書なのに社内稟議が通らない……そんな悔しい思いをしていませんか?

社内プレゼンのテクニックはキャリアアップに直結する

そう断言するのは、その名もズバリの著書『社内プレゼンの資料作成術』(ダイヤモンド社)が発売1カ月で3万部を超えるベストセラーとなった前田鎌利さん。プレゼンクリエイターとして、そして書家として活動する前田さんは、ソフトバンク在籍時にあの孫正義社長(当時)のプレゼン資料作成を担当していたという経歴の持ち主です。

プレゼンテクニックを認められ、日本を代表する大手企業の中枢で活躍した前田さんは、どのようなキャリアを歩んできたのか。そして上司や経営トップの首を縦に振らせるプレゼンテクニックの意義とは――? ご本人にお話を伺いました。

営業職で培った“つかみ”の技術がきっかけ

f:id:tany_tanimoto:20160201150401j:plain

大学を卒業し、光通信に入社しました。まだPHSが移動体通信の主流だった1990年代半ば、法人向けに携帯電話を売る営業職として配属されたのです。営業方法は主に飛び込みで、毎日100件ほどの企業を回っていました。

当時はまだ携帯電話も高価で、ごく限られたひとしか持っていませんでしたから、「こいつなら話を聞いてやろう」と思ってもらえるまで関係性を築くことが第一。とてもハードな営業でした。訪問先の担当者と仲良くなるためにその会社をすみずみまで観察して、会話の「つかみ」を見つける習慣ができました。「エントランスのお花がきれいですね」とか、そういった類いのことです。

今にして思えば、この頃の経験が僕のプレゼン術の基礎になっているんです。いかに相手の心を「つかむ」か。社内プレゼンの相手は上司であり、社内決裁者であり、ときには経営者の場合もあると思いますが、忙しい相手の立場に合わせて会話をすることがすべての基本だと思っています。

プレゼンの前に大切な「ホウレンソウ」の技術

常日頃、ビジネスの現場で相手の立場に合わせるということを意識するのは、案外難しい。たとえば「ホウレンソウ」。報告、連絡、相談はビジネスの基本ですが、「ホウレンソウが苦手」という人も多いのではないでしょうか。「報告したつもりなのに伝わっていない」とか、「なかなか相談に乗ってもらえない」とか。

1 2 3 4 5次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会