ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Poet-type.M、冬盤からリード曲「氷の皿(Ave Maria)」のMVを公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Poet-type.Mが四季で表現している4部作「夜しかない街の物語」の冬盤『A Place, Dark & Dark -永遠の終わりまでYESを-』から、リード曲となる「氷の皿(Ave Maria)」のMVを解禁した。

今作品はライヴサポートでおなじみのメンバー、ギター・楢原英介(VOLA & THE ORIENTAL MACHINE、YakYakYak)、ベース・宇野剛史(GOLIATH、ex.ART-SCHOOL)、ドラム・水野雅昭(ex.SPANK PAGE)も出演し、オリジナル衣装に身を包み独特の世界観を披露している。

門田は今作のMVについて、「初めて視覚的にDark & Darkを表現できました。衣装もちゃんと異世界。」とコメントしている。

冬盤『A Place, Dark & Dark -永遠の終わりまでYESを-』は2月17日にリリース。ヴィレッジヴァンガードで購入した方は、「氷の皿(Ave Maria)」MVとメイキング映像のDVD-Rがもらえる。なお、タワーレコード購入者特典は冬盤のレコーディング風景と他オフショットのメイキング映像のDVD-Rとなっている。気になる方は対象の店舗をチェックしよう。

■Poet-type.M Official Twitter(@Poet_type_M)
https://twitter.com/poet_type_m
■Poet-type.M Official Facebook
https://www.facebook.com/Poet.type.M

「氷の皿(Ave Maria)」MV
https://youtu.be/7qWhUYttJRc

ミニアルバム『A Place, Dark & Dark -永遠の終わりまでYESを-』
2016年2月17日発売
PtM-1033/¥1,500+税
<収録曲>
1.もう、夢の無い夢の終わり(From Here to Eternity)
Vocal, Electric Guitar, Synthesizer & Chorus:門田匡陽
Electric Guitar:楢原英介
Bass:宇野剛史
Drums:伊藤大地
2.氷の皿(Ave Maria)★リード曲
Vocal, Bass, Synthesizer & Chorus:門田匡陽
Electric Guitar, Synthesizer & Drum Programming:楢原英介
3.接続されたままで(I can not Dance)
Vocal, Electric Guitar, Bass & Chorus : 門田匡陽
Electric Guitar : 楢原英介
Drums : 伊藤大地
4.快楽(Overdose)
Vocal, Electric Guitar, Acoustic Guitar, Bass, Synthesizer & Chorus:門田匡陽
Drums:伊藤大地
Shaker:内田武瑠
5.「ただいま」と「おやすみ」の間に(Nursery Rhymes ep1)
Vocal, Acoustic Guitar, Electric Guitar, Bass, Synthesizer, Drum Programming & Chorus:門田匡陽
6.永遠の終わりまで、「YES」を(A Place, Dark & Dark)
Vocal, Acoustic Guitar, Electric Guitar, Bass, Synthesizer & Chorus:門田匡陽
Drums & Percussion:伊藤大地
Toys:内田武瑠

◎購入者特典
・タワーレコード:REC風景&MVダイジェスト用 メイキングショット
・ヴィレッジヴァンガード:リードトラック「氷の皿(Ave Maria)」MV&メイキングショット

「God Bless, Dark & Dark」
4月17日(日) Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
OPEN/START 16:00/17:00

<チケット>
D&D鉄道 乗車引換券:¥4,300(+D代)
※プレイガイドで発券されるチケットは公演当日、受付にてご提示ください。
「D&D鉄道 乗車券」とお引き換えの上ご乗車(ご入場)頂きます。
※座席指定はございません
※整理番号順にご入場頂きます
■Poet-type.M オフィシャル先行
1月30日(土)12:00~2月7日(日)23:59
http://w.pia.jp/t/ptm/
■チケット一般発売日
3月19日(土)~

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP