ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

トム・ヨークも活用する音楽配信&販売サイト「Bandcamp」の魅力

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2015年は「Google Play Music」や「Apple Music」といった大型の定額音楽配信サービスがスタートし、無料でストリーミングし放題(定額配信もあり)の「Spotify」も日本上陸の気配を見せるなど、iTunesが普及して以降、音楽の聴き方の主流になるといわれてきた「CDから配信へ」という流れが一層顕在化した年だった。

しかし、CDが音楽メディアとして、かつての勢いを失いかけている一方で、近年は「アナログ復権」といわれるように、世界的にレコードやカセットテープの売り上げが伸びており、それらアナログメディアにオマケとしてMP3のダウンロードコードを付けて販売するスタイルも一般化している(もっとも、「伸びている」といってもレコードの売上は音楽市場全体のわずか2%であり、カセットはさらにニッチな市場ではあるが)。

ここで、「カセット?」と思った人もいるだろう。というか、20代以下の世代はカセットテープ自体を知らない人もいるかもしれない。だが、2000年代後半以降、特にインディペンデントな音楽シーンでカセットはじんわりと盛り上がりを見せ、現在進行形で新譜がカセットでリリースされ、モノによっては熾烈な争奪戦が繰り広げられている。

そんなアナログとデジタルが並存する場のひとつとして、「Bandcamp」を紹介したい。

Bandcampはファンがアーティストを直接「サポート」できる仕組み

Bandcampとは、2008年にアメリカでローンチした音楽配信・販売プラットフォームである。そこではさまざまなアーティストやレーベルが、デジタル音源はもちろん、フィジカル(アナログレコードやCD、カセットテープといった物理的メディア)も販売している。アップされた音源はすべて無料で試聴でき、ファンは気に入ったものがあれば購入するという、いたってシンプルなつくりだ。

2016年1月現在、サイトのトップページにはこんな一文が記されている。

「これまでにBandcampを通じてファンがアーティストに支払った総額は1億3,900万ドル(約164億円※1ドル=約118円)にのぼり、直近の30日間のみで400万ドル(約4億7,000万円)がアーティストの手に渡っている」

ここには、Bandcampのコンセプトが端的に表れている。すなわち、「アーティストにちゃんとカネを回す」こと=(特にインディーズの)アーティストをサポートすることだ。そんなBandcampの最大の特徴は、アーティスト自身が自由に音源の価格を決められる点にあり、多くのアーティストがデジタルアルバム1枚あたり”$7 or more”(7ドル以上)のような価格設定にしている。

この”or more”には「サポート」や「カンパ」といった意味合いが込められており、要するに「7ドルで買えるけど、めちゃくちゃ気に入ったから10ドル払っちゃおう」とか「これからもコンスタントに音源をリリースしてほしいから、活動資金の足しに」みたいなノリでファンが自発的に価格を上乗せすることができる。そのため、アーティストが設定した最低価格を、ファンの平均支払額が上回るケースもある。

このような「サポート」型の価格設定を突き詰めたのが、”Name Your Price”(価格はあなたが決めてください)だ。

これは、0ドルでも1ドルでも100ドルでも、ファンは払いたい額をアーティストに払えばいいというものだが、無料で手に入る音源にお金を支払ったとき、ファンはいったいなにを買ったのか……デジタル音源の購入がときに単なる”購買行動”以上の意味を持つのが、BandcampがAmazonやiTunesと決定的に異なる部分だろう。

好みのジャンルにソートし、片っ端から聴いていくのもアリ

では、そんなBandcampで音源を試聴したり購入したりするにはどうすればいいのか。すべて英語表記であるため尻込みしてしまうかもしれないが、使い方は簡単だ(PCでもスマホでも見え方・操作はほぼ同じ)。

お目当てのアーティストがいれば、トップページ右上の検索ウィンドウに名前を打ち込めばいいし、検索ワードが思い当たらなければ、その下にある”discover”をクリック(あるいは画面を下にスクロール)すると、”all””rock””alternative””hip-hop/rap””electronic”などの音楽ジャンル別にソートできる。

それらジャンルも、”rock”であれば、”all rock””indie””prog rock””post-rock”といった具合に細分化でき、また”best-selling(売れ筋)”や”new arrival(新着)””location(場所)””format(デジタル、レコード、CD、カセット)”でもフィルターできる。

たとえば、「ブルックリンのインディーロックでカセットリリースのあるバンドは?」とか、とりあえず興味のあるジャンルでソートして、片っ端から聴き倒す(気になったアーティストやレーベルはTwitterのように”Follow”できる)というのもひとつの楽しみ方だろう。なにしろ、繰り返しになるが、試聴だけなら無料なのだから。

そうしているうちに、購入したい音源に出会ったら”Buy Now”をクリックし、アーティスト/レーベルが設定する最低価格(もしくはそれ以上)を入力して”Checkout Now”(決済する)。支払いはオンライン決済サービスのPayPalかクレジットカードで行われ、代金はアーティスト/レーベルのPayPalアカウントに直接送金される。その際、デジタルは15%、フィジカルは10%がBandcampの取り分となる。

支払いが完了するとダウンロード画面が表示され、自分がダウンロードした音源をFacebookやTwitterでシェアすることもできる。このように、SNSで拡散・宣伝する行為も「サポート」の一環であることは言うまでもない。また、ダウンロードはMP3だけでなく、可逆圧縮(FLAC、ALAC)や非圧縮(WAV、AIFF)のファイルも選択できるあたり、Bandcampの音質へのこだわりも見てとれる。

無名アーティストからトム・ヨークまで「玉石混淆」

先述したとおり、Bandcampはもともとインディーズのアーティストをサポートするために生まれたサービスであり、全体として無名のアーティストがゴロゴロしている「玉石混淆」なプラットフォームだが、他方で、2014年にレディオヘッドのトム・ヨークがシングル「Youwouldn’tlikemewhenI’mangry」と、アルバム「Tomorrow’s Modern Boxes」を販売して世間を驚かせたりもしている(ちなみにシングルの価格は”Name Your Price”)。

また、そのトム・ヨークとの共演歴もある新世代のジャズトランペッター、クリスチャン・スコットや、同じく現行ジャズシーンを牽引する若手ドラマーで、去る1月10日に亡くなったデヴィッド・ボウイの最新作「★(ブラックスター)」にも参加しているマーク・ジュリアナ、あるいは日本人アーティストではtofubeatsといった有名どころもBandcampで音源を発表している。

レーベルでは、かつてニルヴァーナやマッドハニーを見いだし、グランジブームの立役者となったSub Popをはじめ、90年代にメロコア旋風を巻き起こしたEpitaphやFat Wreck Chords、デスメタル/グラインドコア系のRelapseなど大手インディーズレーベルもBandcampを利用しており、今後もその規模を拡大していくだろう。

とはいえ、個人的には、やはりBandcampの醍醐味はマイナーでアングラなアーティストの発掘にあると思っている。そして、冒頭で触れたきりになってしまっていたが、デジタル音源と併せて、彼らのリリースするカセットテープも販売している点が、Bandcampのもうひとつの魅力だ。

カセットテープでこそ輝く音楽もある

音楽のデジタル配信が当たり前の時代に、なぜカセットなのか。単純なモノとしての(あるいは無限にコピー可能なデータにはない)実在感など、カセットが支持される理由はいくつかあるが、アーティストやレーベルにとってのカセットの利点は、制作費が安く、少部数の生産が可能なことにある。つまり、カセットはリリースの自由度が高いため、CDやレコードよりもインディー感、DIY感の強い作品が多いのだ。

ちなみに少部数とは、具体的には100本程度で、換言すれば、世界中に100人くらいしか買う人がいないともいえるが、即完売してプレミアがつく作品も珍しくない。

最後に、個人的に最も注目しているカセットレーベルをひとつ紹介する。それは、LAの地下ノイズ/インダストリアルレーベル「Nostilevo」。このレーベルの特徴は、劣化コピーに劣化コピーを重ねたようなガビガビの腐蝕ノイズにあり、「玉石混淆」という観点からすれば、間違いなく「石」に相当するカルトなアーティストが揃っている。

Bandcampは高音質を売りのひとつにしているが、はっきり言ってNostilevo作品を高音質で聴く意味はない。だが、それがいい。カセットテープで聴いてこそ輝く、荒みきった音もある。

定額配信サービスで数千万曲という楽曲がネット上に溢れるなか、同じくネットを通じて100本限定のカセットがリリースされ、しれっとソールドアウトしているという現象はじつに興味深い。その一端に触れるという意味でも、Bandcampにアクセスしてみてほしい。

関連リンク

Bandcamp

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。