ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日常の生活の場にこそ物語が―青木陽の写真展『Inverted Spectrum』開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

第12回写真「1_WALL」グランプリ受賞者の青木陽展「Inverted Spectrum」が、銀座・ガーディアン・ガーデンで2月9日より開催される。

日常の生活の場をテーマに、自身が住むアパートの室内や、普段散策している家の周辺、偶然出会った風景といった生活の中の一場面を撮影した作品『反転スペクトル、サークル』で、第12回写真『1_WALL』のグランプリを受賞した青木。
彼の作品は、1990年代の作家たちの流れを取り入れつつも、何気ない日常の1シーンをまばたきするかのように切り取っていて、人の気配と共にその前後の物語を連想させる。

本展では、生活の一場面を写しながら、先行する作家へのオマージュや演出を加えた人物ポートレートなど、客観的な視線を含んだ作品を展示する予定。また、2月18日には、青木と第12回写真『1_WALL』の審査員を務めたアートディレクターの菊地敦己によるトークイベントも行なわれる。

本展に向け、以下のようにコメントを寄せた青木。
「ときたま歯が痛むという人がいる。その人は虫歯があるのか知覚過敏か、その人の歯痛のわけを知り、あるいは同情する。しかしどこまでいってもその痛みはその人のものであり私の痛みにはならない。(中略)写真は画面の中に限っては対象の知覚以前の視覚的な感官の共有を仮想的に実現する媒体であり、私たちの写真についての経験は、一方では非常な親密さを感じると同時に、内容の理解の点では非常に曖昧なものに留まるという矛盾を生みます。」

記憶や感覚に訴えかける青木の作品を前に、どのようなストーリーが想像せられるのかを堪能したい。

第12回写真『1_WALL』グランプリ受賞者個展 青木陽『Inverted Spectrum』
2016年2月9日(火)~2月26日(金)
会場:東京都 銀座 ガーディアン・ガーデン
時間:11:00~19:00
休館日:日曜、祝日
料金:無料

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP