ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

成海璃子、池松壮亮、斎藤工出演の映画『無伴奏』予告編がいよいよ解禁 

DATE:
  • ガジェット通信を≫

直木賞受賞作家・小池真理子の半自叙伝的同名小説を『三月のライオン』『ストロベリーショートケイクス』の矢崎仁司監督が成海璃子、池松壮亮、斎藤工で完全映画化する映画『無伴奏』の予告編が公開となった。

4人の男女のせつない恋を描いた本作。本予告では、斎藤工演じる祐之介の恋人・エマ役であるnon-noモデル 遠藤新菜が新たに登場した。遠藤が演じるエマは、他の3人に影響を及ぼすキーパーソンとなる。本作での遠藤の体当たりの演技は、マスコミ試写でも高く評価されている。

また、特報で解禁となった注目の5人組女性ロックバンド・Drop’sによる主題歌「どこかへ」に加え、バロック喫茶「無伴奏」で池松演じる渉がリクエストする「パッヘルベルのカノン」も使用。矢崎監督が様々なバージョンを聞き、指で弦をはじいて弾く奏法であるピチカートバージョンにこだわり、この映画のために録音したものである。

(C)2015「無伴奏」製作委員会

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP