ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【先ヨミ】BIGBANG、GOT7、ソンモ 韓流アーティストが三つ巴中!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 SoundScan JapanによるCDアルバム売上レポートから2016年2月1日~2月3日までの集計が明らかとなり、BIGBANGの『MADE SERIES』が抜きん出てトップとなっている。

 『MADE SERIES』は、2015年より開催中の日本ドームツアーを記念したアルバムで、日本でのオリジナルアルバムとしては3年8か月振りにリリースされた。2位にも韓国勢からボーイズグループ GOT7の日本1stアルバム『モリ↑ガッテヨ』が入った。続く3位にも韓国のボーイズグループ超新星のメンバー、ソンモのソロ2ndミニアルバム『The future with U』となり、TOP3は韓流アーティストが占めた形だ。

 4位は、世界を舞台に音楽活動をするジャズピアニスト、上原ひろみの通算10枚目のリーダー作、上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクト feat.アンソニー・ジャクソン&サイモン・フィリップス『SPARK』、5位には、長渕剛が2015年夏に行ったオールナイトライブの様子を収めた『富士山麓 ALL NIGHT LIVE 2015』が入った。
 
◎SoundScan Japanアルバムセールス集計速報
(2016年2月1日から2月3日までの集計)
1位:BIGBANG『MADE SERIES』
2位:GOT7『モリ↑ガッテヨ』
3位:ソンモ from 超新星『The future with U』
4位:上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクト feat.アンソニー・ジャクソン&サイモン・フィリップス『SPARK』
5位:長渕剛『富士山麓 ALL NIGHT LIVE 2015』

関連記事リンク(外部サイト)

【先ヨミ】ボイメン、スタートダッシュで2作連続1位に大きく前進!
BIGBANG 日本だけでも91万人超を動員するワールドツアーの東京ドーム公演を生配信決定
超新星 入隊前ラストシングル曲「またキミと…」先行配信スタート Teaser映像も完成

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP