ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

レノボの10.1インチHoneycombタブレット『IdeaPad K1』の発売が延期

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

レノボ・ジャパンは8月26日、発表当初この日に発売予定だった「IdeaPad K1」量販店モデルの発売延期を発表しました。IdeaPad Tablet K1 (ホワイト)は9月2日(金)に、IdeaPad Tablet K1 (レッド)は9月9日(金)にそれぞれ発売が延期されています。延期の理由は”出荷の遅れ”とのこと。

IdeaPad K1の量販店モデルは、10.1インチ(解像度1,280×800ピクセル、WXGA)サイズの液晶ディスプレイ、NVIDIA Tegra 2 T20 1.0GHz、1GBのLPDDR2 RAM、32GBの内蔵ストレージ、背面500万画素のカメラ、前面に200万画素のカメラ、マイクロSDカードスロット、フルサイズのUSB端子×2、ミニHDMI出力端子、ドッキングステーション接続用端子、スピーカー×2、マイク、3.5mmオーディオジャックを搭載。Wi-Fi b/g/n、Bluetooth 2.1+EDRに対応(3G機能は非搭載)。バッテリー起動時間は約8.6時間。本体サイズは264mm×189mm×13.3mm、本体質量は約750g。

IdeaPad K1量販モデルの価格はオープン。45,000円~49,800円で販売を予定しているところが多いようです。Source : レノボ・ジャパン


(juggly.cn)記事関連リンク
ロケットをタップで上昇させ、頂上のゴールを目指すアーケードゲーム「Rocket Impact」が公開
NAVER Japan、「NAVERまとめ」閲覧用のAndroidアプリを公開
Samsung、120カ国・62言語対応のコミュニケーションサービス「ChatOn」を発表、IFA 2011で披露し、10月にサービスを開始

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。