ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

やくしまるえつこ”Yakushimaru Experiment”名義での実験コンセプトアルバム発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

やくしまるえつこが”Yakushimaru Experiment”名義で即興・朗読・数字を扱う実験コンセプトアルバム『Flying Tentacles』を発売することが決定した。

坂本龍一のレーベルcommmons10周年を記念して2016年3月30日にリリースされる。

やくしまるが素数を譜面化&聴覚化した楽曲や、やくしまるが愛用するオリジナル9次元楽器”dimtakt”をはじめとしたオリジナル楽器演奏者による14分にもおよぶ大作即興セッション、更にフィリップ・K・ディック賞受賞作家・円城塔がやくしまるの朗読の為に書き下ろした特殊な構造のテキストをやくしまるが朗読+即興演奏した『タンパク質みたいに』などを収録した”Science & Future & Experiment“アルバム。

円城塔は、やくしまる及び本作品を評して「人力、世界シミュレーター。」とコメントを寄せている。ライナーノーツには円城塔書き下ろしによる本アルバムに捧げるテキストと、NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]主任学芸員・畠中実によるアルバム解説 が収録される。
収録曲など詳細は後日発表される予定なので、続報を待とう。

・やくしまるえつこの作品はOTOTOYから配信中
http://ototoy.jp/_/default/a/82391

Yakushimaru Experiment
『Flying Tentacles』
2016年3月30日発売
レーベル:commmons × みらいレコーズ
※詳細は後日発表

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。