ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

キレイな爪をキープするために!本当に爪にいいこと・悪いこと

DATE:
  • ガジェット通信を≫

指先の細かな作業をするために不可欠な“爪”

指先を見ると、その人の生活感を感じることができます。潤いがあって綺麗に整えられた爪…大切な部分ですね。
爪は、ケラチンからなるたんぱく質です。カルシウムと思っている方も多いようです。
爪や髪の毛は、皮膚の付属組織です。爪は指先を保護し、細かな作業をするために欠かせない部分なのです。
字を書くことも、爪の助けによりスムーズに動かすことができます。
動物は爪を武器に使い、人間は生活するのに役立てています。

 

爪を短くカットし過ぎるとNGな理由とは?

爪にカラーポリッシュやジェル、アクリルを乗せていると、よく「爪が息できなくならないの?」と聞かれます。
爪は、皮膚の角質層が特殊に分化しているので、息ができなくなることはありません。
爪を保護するためのベースコートなどでコーティングする方が、爪を乾燥から守り、折れたり欠けたりを防ぐことができます。
爪の長さも、身を削るぐらいに短くカットされている方が多いです。
爪先を、最低でも1mmぐらいは残してカットしてください。細かい作業がとてもしやすくなります。
爪の裏にルースハイポニキウム(爪の下にある皮から発生し、爪の裏側にくっついている角質の部分)という、爪を支えて細菌から爪を保護する薄い皮膚の膜があります。
爪を短くカットし過ぎることで、この保護膜を傷つけてしまうと、細菌感染の原因になるので、爪のカットには注意してくださいね。

 

リムーバーを使う時は、喚起はこまめに!手洗いもしっかりと!

気をつけて欲しいことは、ポリッシュリムーバーやジェルリムーバーは揮発性があるため、使用する時は換気をこまめしてください。
小さな子供やペットなどには、充分に配慮してください。酸素よりも重いため、部屋の下に充満します。
部屋の上の部分の換気だけでなく、床の部分の換気もお願いします。
指先の手洗いも、薬用ソープで泡をしっかりたてて、30秒くらいかけて指先、指の間を洗うことが大切です。
指先にいいことをしてみてください。細菌感染の予防にもなり、風邪予防にもなりますよ。

宮子信子(ネイルサロン&スクール MIYAKO)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP