体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

写真集刊行! フォトグラファーJulie Wataiインタビュー「プロの本気の自撮りができたと思います」 [オタ女]

TFC_cover_fix_書き出し用

電子機器に囲まれたセルフ・ポートレートや、カラフルポップなCG加工した作品など、独自の世界観でコアな人気を誇るフォトグラファー・Julie Wataiさん。四作目となる待望の写真集『トーキョー・フューチャー・クラシック』(DU BOOKS)が2016年2月5日に刊行となります。

『オタ女』では、そんなJulieさんにインタビューを実施。写真集の見どころや、フォトグラファーとして活動をしていく転機などお話をお伺いすることができました。その奇想天外なイメージはどこからやってくるのか、その発想の源泉を知りたいという人はぜひご覧ください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ーー今回の『トーキョー・フューチャー・クラシック』は、ご自身4冊目の写真集ということで、集大成的な内容だと思います。まずは刊行されるにあたって、どういう思いが込められているのかお聞かせ頂ければと思います。

Julie Wataii(以下、J):これまではモデルさんを撮影した写真もいくつも含まれていたのですけれど、今回はすべてセルフ・ポートレート。だから究極のセルフィ、自撮りですよね。今、自撮りって流行っているじゃないですか。

ーー日本だけでなく、世界中で流行っていて、多くのスマートフォンのカメラにも機能が搭載されていますね。

J:スマホのインカメラでほとんどの方はパパっと撮影しているのだと思うのですけれど、この写真集での自撮りは、一眼レフカメラを使って、ライティングもしっかりと調整して、パソコンの加工まで全部ひとりでやっています。

ーー究極というからには、機材も究極で、ということですね。

J:そうですね。プロ仕様の一眼レフでとって、シャッターは赤外線のリモコンを使って……。画像加工も、スマホの自撮り用のアプリがいろいろありますが、私は『Photoshop』を使ってがっつりと。プロのカメラマンとして10年やっているので、プロの本気を見せられたと自負しています。

ーーJulieさんには2010年の『はーどうぇあ・がーるず』(コノハナブックス)のような、楽器や電子機器の中に女の子がいる、といった作品が印象深いですが、このようなイメージはどういったところからインスピレーションを得ているのでしょうか。

J:今回の写真集にも、パワーローダーだったり、ロボットやアンドロイドだったり、いろいろな素材が出てくるんですね。もちろんそれらは単体で撮ってもむちゃくちゃかっこいいものなんですけれど、「上手い見せ方がないかな」というところで自分が入ってくるんです。やっぱり私はポートレートが好きで撮りたいので、どういう見せ方をすると良いか、というところから広げていきます。ポートレートも好きですけれど、私自身モノが好きな人間なんです。

ーー例えばパワーローダーだったなら、ご自身が作品を構成するパーツとして入っていく、という感覚なのでしょうか。

J:そうですね。だからポートレートではあって、人物はもちろん必要なんですけれど、私の中では構造の一部という扱いですね。モノそのものを引き立てるためのキャラクターということはいつも考えています。

ーー作品を拝見していると、Julieさん自身もアンドロイドっぽさが出てくるじゃないですか。自分自身が機械化したいといった願望もある?

J:したいですね! 『Photoshop』実装したい(笑)。

ーーそういったあたりも未来っぽいです(笑)。写真集の中には、ショートストーリーも入っていますよね。

J:インターネットでアップしていたものを、今回まとめて収録したのですが、もともと細かい設定があって。(物理学・宇宙科学の研究者の)マルコ・カソリーノさんに設定と写真を渡してストーリーを作って頂きました。アンドロイドのアスナと私の物語なのですけれど、ネットで見て気になっている方ならば、違った見方ができるのでは、と思っています。

1 2 3次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。