ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「汚屋敷」に育った子供の特徴 集中力がない、猫背など

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 足の踏み場がないほどにゴミや生活用品が散乱している“汚屋敷”。そんなところで育った子供には当然のごとく、悪影響がある。“片づけの伝道師”として、5000軒の汚屋敷を見てきた安東英子さんは、汚屋敷で育った子供たちに多いという共通点を挙げてくれた。

【汚屋敷に育った子はこうなりやすい】

■どれが大切な物かわからないため、物を大事にできない。
■雑然とした中にいるため、集中力が養われない。
■「アトピー」と親は思っているが、実は「ダニ」に刺されて引っかき傷が絶えない。
■何を踏むかわからないと床ばかり見ているため、猫背になりやすい。
■学用品が散乱しているため、忘れ物が多く、段取りが悪い。
■靴下が片方だけしかないことも。
■何日も洗濯物を放置しているため、汚れが落ちづらくなり薄汚れてしまう。

 汚屋敷での子育てはある種のネグレクトと言われることもある。もし身の回りに上記のような子供がいたら、その家庭を注視する必要があるかもしれない。

※女性セブン2016年2月18日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
片づけの伝道師「汚屋敷で子育ては虐待といわれて仕方ない」
阪神大震災 子供引き取り500万円の見舞金狙う例あった
リビング学習 勉強終了後は学習道具を子供部屋に片付けるべき

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。