ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夫婦で貯金900万円弱の69歳男性 365日自炊で旅行ゼロ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 総務省の最新の全国消費実態調査(2014年)によると、個人預金の5割超を占める60歳以上の高齢者世帯の平均預金額は1351万円。前回調査時(2009年)から約7万円増えている。対照的に60歳未満の現役世代は10万円の減少となった。しかし、長生きをした場合、このお金で果たして生きていけるのだろうか──60歳以上のシニア世代からは、貯金に対する生々しい声が聞こえてくる。

 中部地方在住の田宮明さん(仮名・67歳)は一部上場企業を60歳で定年退職後、再雇用契約によって5年間、関連会社で働いた。

「退職金は2800万円でしたが、そのうち1000万円は住宅ローンの返済に充てました。再雇用時の月の給与は手取りで20万円。現役時代の4分の1程度です。女房にもパートに出てもらい、年金の支給開始年齢までの5年間、虎の子の預金1800万円に手を付けることなく過ごせた。

 いまは夫婦合わせて月約24万円の年金暮らしで預金にはノータッチ。贅沢はできませんが、死ぬまでは何とか生活に困らないと思う」

 首都圏に住む森脇聡志さん(仮名・69歳)は、都内の中小企業を60歳で退職。30代後半で転職した職場だったため、退職金は400万円程度で、預貯金は900万円に満たないという。

「65歳までは清掃関係のアルバイトで、月に12万円稼いでいました。女房も近所のスーパーで月8万円のパートに出ていた。2人で月17万円の年金生活に移ってからは365日自炊です。旅行に出掛けたこともない。親の代からの持ち家に夫婦2人だけで住んでいるので、食費や光熱費を切り詰めれば年金だけで生活できます。将来に不安がないわけではありませんが、妻とは“大病さえしなければやっていける”と話しています」

 貯金額は違っても、2人は「入院などで大きな出費がない限り、貯金には手を付けない」と考えている点は同じである。まさしく「老後貯金族」である。

※週刊ポスト2016年2月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
貯金額アンケート 貯金ない11.6%、1500万円以上15.8%
平均的な夫婦なら退職までに1500万円貯めればOKとの計算
退職時貯蓄3千万の人 年金以外に月10万消費で85歳貯蓄0に

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP