ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

鍋に彩りを添える「団子」と「つみれ」 絶品レシピ4点紹介

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 冬の美味といえば何といっても鍋料理だろう。肉、野菜、魚介類など、様々な具を楽しめるのが鍋の醍醐味だが、忘れてほしくないのが「団子」と「つみれ」だ。

 材料はひき肉、もしくは新鮮な魚介を細かくたたき、調味料と、ときにはつなぎを加えて丸める。ゆでるときもあれば、直接煮汁の中に入れて煮てしまうことも。そんな自家製団子とつみれはフワフワのプリプリ。余分なものを入れず、素材のおいしさがギュッと詰まっている。

 しょうゆ味、みそ味、塩味、ピリ辛味……、どんな味つけの鍋にも使えるのも魅力。料理研究家のきじまりゅうた氏が、団子とつみれの絶品レシピ4点を紹介する。

【いわしつみれ】
 いわし(3枚におろしたもの)3尾分は皮をとって包丁で細かく刻み、ボウルに入れる。塩小さじ1/4、卵白1個分、小麦粉大さじ1と1/2を加えて練り混ぜ、一口大に丸め、熱湯で3~4分ゆでる。

【鶏団子】
 ボウルに鶏ひき肉150gを入れてよく練り、パン粉大さじ2、溶き卵1/2個分、酒大さじ1を加えてさらに練る。一口大に丸め、熱湯で3~4分ゆでる。

【れんこん入り鶏団子】
 ボウルに鶏ひき肉100g、塩、こしょう各少々を入れて練り、れんこん50gをすりおろして汁気をきって加え、さらに練る。れんこん50gをみじん切りにして加え、青のり適量も入れ、混ぜ合わせる。一口大に丸め、熱湯で3~4分ゆでる。

【揚げ団子】
 ボウルに豚ひき肉150gを入れて練り、片栗粉大さじ1、溶き卵1/2個分、しょうゆ小さじ1、塩、こしょう各少々を加えてさらに練る。大きめの一口大に丸め、170℃の揚げ油で4分ほど揚げる。

※週刊ポスト2016年2月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
定番のおいしさを自宅で 「フンワリ鶏団子鍋」のレシピ
男の絶品鍋料理 「いわしつみれの雪見鍋」レシピ
『家政婦のミタ』が本当に作った絶品つみれ鍋のレシピを公開

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP