ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中居正広 事務所の派閥超えた奇跡の共演曲を選んだワケ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 デビュー以降のシングル50曲を約40分かけて歌い続ける──。2月1日のスマスマこと『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)は放送20周年を記念してそんな特別内容で放送された。解散騒動の余震が続く中、SMAPのリスタートを印象づけるものだったが、映像そのものは再放送であり、今の彼らの苦境を物語る。

「過去の映像を使わざるを得なかったのは、これまで番組の企画の陣頭指揮を執っていた元チーフマネジャーが退社したので、新しい企画を試行錯誤している最中で、収録が間に合っていなかったからです。次週のスマスマも視聴者のリクエストとして“再放送”企画を流す予定です」(番組関係者)

 この放送の2日前の1月30日、中居が自身のラジオ番組『中居正弘のSome girl’SMAP』(ニッポン放送)で、ある曲をかけた。

「中居クンは新しい曲や自分が重要なパートを歌っている曲、ソロ曲をよくかけるんです。でも、この曲はそうじゃない。『なんでだろう』とファンの間で話題になりました」(別の芸能関係者)

 中居の選曲は『オリジナル スマイル』。1994年のヒット曲で、SMAPが初めてのレギュラー番組『夢がMORIMORI』(フジテレビ系)に出演していた頃のものだ。

 2011年4月2日。『SMAP☆がんばりますっ!!』(テレビ朝日系)に出演したときのこと。番組には急きょ、KinKi Kids、タッキー&翼、KAT-TUNなどが生出演し、SMAPメンバーと肩を組みながら一緒に『オリジナル スマイル』を熱唱した。

「震災直後ということはありましたが、その放送は当時、“奇跡”といわれました。当時、他のグループと共演しないといわれていたSMAPが被災地を勇気づけるために、事務所の“派閥”を超えて、初めてこの曲で共演が実現したんです。そんな思い入れのある曲だからこそ、中居クンは今この曲を選んだのでしょう」(芸能関係者)

※女性セブン2016年2月18日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
今井雅之さん 親友・中居のカラオケ中、トイレに逃げたことも
SMAP中居正広 21才上の鶴瓶を呼び捨てにしても許されるワケ
中居正広 実家近くの寿司店のお土産寿司で父へ最後の孝行か

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。