ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Flyperlink : フローティングブラウザと小窓ブラウザでWEBページを開けるマルチタスク志向のブラウザアプリ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

WEB ページをフローティングブラウザや小窓ブラウザで開けるマルチタスク志向の Android 用ブラウザアプリ「Flyperlink」がリリースされました。Flyperlink は、Bubble Link やチャットヘッドのようなフローティングウィンドウで WEB ページを開いて今使っているアプリを閉じることなく閲覧できるようにするアプリです。機能は珍しくはありませんが、他の類似アプリよりも高機能なところが Flyperlink の特徴です。その代表的なものが、WEB ページを開く方法をフローティングブラウザか小窓ブラウザで開けるところでしょう。フローティングブラウザはスマートフォンでの閲覧に適しており、小窓ブラウザはリサイズや画面に並べるこができるのでタブレットでの閲覧に適しています。残念ながら、小窓ブラウザは有料(106 円)のライセンスがなければ利用できません。どちらの表示方法も最小化に対応しており、最小化した場合にはアイコンが画面の端に表示されます。そのため、音楽や動画をバックグラウンドで再生することもできます。機能はこのほか、代替ブラウザを設定することや Flyperlink から別のアプリにリンクをシェアすること、外観のカスタマイズ、フローティングブラウザのサイズ変更なども可能です。「Flyperlink」(Google Play)

■関連記事
オプティムとMRT、スマートフォンやタブレットを利用した遠隔診療サービス「ポケットドクター」を発表、4月より順次提供
ハーマン、JBLコネクトに対応したテレビ用スピーカー「BOOST TV」に新色“ホワイト”を発表
ハクバ、アニメ「ノラガミ ARAGOTO」のキャラクターをプリントしたスマートフォンスタンドを発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP