ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

テクニカラーとTF1、日本発のおもちゃ『モンチッチ』をアニメシリーズ化

DATE:
  • ガジェット通信を≫

パリに拠点を置くテクニカラー・アニメーション・プロダクションズは、フランスの民間テレビ局トップのTF1とともに、日本発のベストセラーとなった猿の人形『モンチッチ』を題材とするCGIアニメーション・シリーズを共同で製作する。

モンチッチは1974年に日本の株式会社セキグチから誕生し、アクセサリーとともに世界40か国で7000万体を売り上げた。

テクニカラー・アニメーション・プロダクションズで、ウィドー!プロダクションズを獲得した後にできた部門の共同マネージングを務めるグエンは、「TF1とともにモンチッチ・シリーズの製作を進めることができ、興奮しています」と述べ、「モンチッチに関する初めてのCG作品となります。モンチッチは視聴者を不思議な冒険に連れ出し、一人ひとり違うことの素晴らしさやチームワークの大切さに気付かせながら、楽しい夢を作り上げてくれるでしょう」と語った。

ラバスクは、「モンチッチは、3世代を通じてファンを魅了してきたアイコン的なキャラクターです。ポジティブな価値感と冒険を取り入れた感動的なストーリーは、幼い子供から大人まで、幅広いファンを獲得してきました」と付け加えた。

テクニカラー・アニメーション・プロダクションズは株式会社セキグチと共同で同シリーズのアートディレクションと製作を行う。

海外販売の代理人はPGSエンターテイメントが務める。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP