体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「満足度の高い観光地」1位!ラオスの世界遺産、ルアンパバーンに溺れる旅

生活・趣味

イギリスの旅行雑誌・ワンダーラストの2015年度「満足度の高い観光地ランキング」で第一位に選ばれた、今大注目の観光地がラオスのルアンパバーンです。なぜ人々はそれほどまでにこの町に惹かれるのでしょう。その魅力に迫ります。

ラオスの古都・ルアンパバーン

「満足度の高い観光地」一位!ラオスの世界遺産・ルアンパバーンに溺れる

ラオスは東南アジアの内陸国で、「東南アジア最後の桃源郷」とも呼ばれます。ルアンパバーンは1353年から約200年にわたり、ランサン王国の王都として栄えました。カーン川とメコン川の合流地点に位置する、山々に囲まれた緑豊かな町です。1995年に町全体がユネスコの世界遺産に登録され、ますます人気が高まっています。

町並み

歴史ある寺院の数々をはじめとする東南アジアらしい風景と、フランス植民地時代のコロニアルな建築が見事に調和したルアンパバーンの町。

「満足度の高い観光地」一位!ラオスの世界遺産・ルアンパバーンに溺れる

(C) Haruna Akamatsu

東南アジアならではののんびりとした風情と、どこか南欧的な雰囲気があいまって、唯一無二の魅力を醸し出しています。それはどこか非現実で、まるでおとぎの世界にいるかのような気にさえさせられるのです。

「満足度の高い観光地」一位!ラオスの世界遺産・ルアンパバーンに溺れる 「満足度の高い観光地」一位!ラオスの世界遺産・ルアンパバーンに溺れる

「プーシーの丘」から町の全景を見渡すと、森と川を抱くルアンパバーンの豊かな自然を実感できます。ここからの夕陽も必見。

ワット・シェントーン

「満足度の高い観光地」一位!ラオスの世界遺産・ルアンパバーンに溺れる

屋根が軒に向かって低く流れるようにつくられているルアンパバーン様式の寺院で、ラオスで最も美しい寺院と言われています。豪華でありながらも、落ち着いた優美な佇まいは、どこか日本のわびさびに似たものを感じさせます。

ルアンパバーン名物・托鉢

「満足度の高い観光地」一位!ラオスの世界遺産・ルアンパバーンに溺れる

(C)Haruna Akamatsu

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会