ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ウィッグからドレスまで!ゴージャス&繊細なペーパーアート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

実用性よりも“美のための美”が追い求められたバロック時代

社交界の貴婦人たちは、頭を高く盛り上げ、びっくりするような装飾を競い合ったそうです。

そんなスタイルに心惹かれたのが、ロシア人のペーパーアーティスト、Asya Kozinaさん。

 

古典を現代に蘇らせたいと願った彼女が作ったのは、なんとも豪華な紙製のウィッグです。

・細かい部分も紙で再現

繊細なカーブと切り込みによって花や植物、帆船などのモチーフを盛り込み、貴婦人もびっくりのウィッグに仕上がりました。

 

・ショールからドレスまで全て紙製

紙の扱いやすさと軽さに注目し、この作品を制作したKozinaさん。

実はこれまでも、驚くような作品を作り上げています。

 

繊細なカットワークが美しい紙のショールや、ちょっとシュールなコスチューム…

クールな王冠やマントまで。

膨大な時間をかけて制作された作品の数々は、BehanceFacebookで公開中。

興味のある人は、ぜひ訪問してみては?

Asya Kozina
Behance
https://www.behance.net/asyakozina
Facebook
https://www.facebook.com/kozina.asya/

・紙(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP