ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

不妊のプレッシャーに泣いた日々。イライラも理不尽さも受け入れ、待望の妊娠へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

不妊のプレッシャーに泣いた日々。イライラも理不尽さも受け入れ、待望の妊娠へ

f:id:akasuguope03:20150915080822j:plain

世間一般での認知度も上がり、正しい知識も浸透し始め、周囲の理解も徐々に得られるようになった『不妊』ですが、いざ自分が

「もしかして私…妊娠…しにくい?」

と気が付いてしまった瞬間、多少なりともショックを受ける人は少なくないと思います。

私自身も、

「まさか?」

とは思いましたが、結婚して2年が過ぎても、全く妊娠の兆しも見えず、気が付けばまた1年、また1年が過ぎ去るという状態でした。

思い切って不妊治療を開始したまでは良かったものの、周囲は皆、さも当たり前のように次々と妊娠して出産していきます。

半年前に結婚したばかりの友人に、

「今妊娠3か月なの」

と報告を受けて、とてつもないショックを受けたこともあります。

必死に口に出した『おめでとう』の言葉が震えそうで、友人に気が付かれないようするのが必死でした。

妊娠の兆しもなく、時間だけがただ過ぎていくと、中には段々と嫌な感情が渦巻いてしまう人もいるかもしれません。

赤ちゃんを見るだけで辛い、赤ちゃんがTVに写るだけで泣けてくる、更に悪化すると動物の赤ちゃんを見るのも嫌になる・・・。

子どもの年賀状なんてもう論外です!

そして、そんな嫌な感情を抱いている自分に自己嫌悪する、正に負のスパイラルに陥ってしまうことも少なくないと思います。

友人の赤ちゃんが嫌なわけではないのですよね。

本当だったら、可愛くて仕方ないはずの友人のベビーちゃん・・・。

でも妊娠へのプレッシャーが強すぎて、赤ちゃんの写真を見るだけで『自らの不妊の現実に引き戻されて』、辛くて泣けてくるだけなのです。

私は、だんだん外出するのさえ怖くなりました。

特に、赤ちゃんや子どもが外に出る日中は避けて、買い物もレジャーも夕方から夜がメインになりました。

神経質だからとか、そんな風に他人の赤ちゃんを可愛がれないから子を授かることができないとか、好き勝手なことを言う人にも傷つけられました。

妊娠のことは考えないほうがいいとか、リラックスが大事とか、一度治療を辞めたらあっさり妊娠するよとか、他人はそうやって簡単に言うのですが、

「そんなことができるならもうとっくにしています」

と叫びたい気持ちでした。

でもあるとき、ふと思いました。

この苦しい感情は、妊娠するまでずっと続くのだ、だったら逃げても苦しいのは変わりません。

だったら、イライラするのも、腹が立つのも、理不尽だと思うのも、“あたりまえ”の感情だと受け入れてみよう!

きっとそれが不妊への現実に本当に向き合った最初の一歩だったと思います。

それから不妊治療は躊躇することなくせっせと通い、先生としっかり話せるように知識も蓄え、毎回万全の準備で治療に臨みました。

治療期間は3年間でした。

私は卵巣の機能不全で、卵子を包む卵胞そのものが育ちにくい体質で、毎回排卵誘発剤を打っても育たない周期もありました。

やっと育った!と思っても妊娠できず。

がっくり肩を落とした日も多々…でも最後にようやく妊娠、出産へとたどり着くことができました。

苦しい現実も、辛い感情も、自分自身で受け止める覚悟をし、それを実行できたことは人生でプラスになっていると思います。

その経験も手伝って、今とてもおおらかな気持ちで、子育てに向かい合えているように思います。

f:id:akasuguope02:20160202180048j:plain

著者:さがらさん

年齢:37歳

子どもの年齢:6歳

2児の母です。仕事を辞めて不妊治療を乗り越えました。思い切って3人目も…!と思い夫と相談中です。趣味は子どもと一緒に習っているピアノで、いつか一緒に連弾をして発表会に出たいと思っています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

タイミング療法で何度もチャレンジ。赤ちゃんが私たちのところへ来てくれるまで
セカンドオピニオン大切
「もう無理かもしれないけど、子どもが欲しい」 アラフォーで再開した不妊治療で奇跡の妊娠!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。