ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

子どもの発想力に脱帽!?「プリングルス」を簡単に取り出せるグッズ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

プリングルスって、美味しいけれど取りにくい…。そう思ったことはありませんか?

Georgia Dinsleyちゃんも「筒の下のプリングルスを取るのが大変」と感じていた1人で、「Pringles Hook」というグッズを発明しちゃいました。

・底のポテチもすんなりと!

「Pringles Hook」は、靴べらの先がフックになったような形状で、プリングルスを底からきれいに取り出せる便利アイテム。

あの独特な形状を崩さず、きれいに取り出せていますよね。

Georgiaちゃんのアイディアを3Dプリンターで実現したAndy Mattocksさんは「最初からプリングルスにPringles Hookが入っていたら、顧客にとっての付加価値が大きい」と話しています。

この発明は、アーティストでデザイナー、発明家でもあるDominic Wilcoxさんが主催するイギリスのワークショップ「INVENTORS!」で発表されたもの。

・子供たちによる自由なアイディア

INVENTORS!は、4歳から12歳の450人を超える子供たちに「自分たちの問題を解決する発明」のアイディアを描いてもらい、優れたアイディアをプロの手により実現させるというプロジェクトです。

これまでに600のアイディアが出され、60の案がDominicさんにより「ポテンシャルがある」と選ばれました。Pringles Hookもその1つ。みんなの前で試したりも。

INVENTORS!には、このほかに歯ブラシと歯磨き粉が合体した「TOOTH-O-MATIC」や、自分で植物に水をあげる「Self Water Plant Pot」など、子供の想像力を生かした発明がたくさんアップされています。

気になる方はぜひチェックを!

INVENTORS!
http://inventorsproject.co.uk/

・発明(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP