ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

もやし最強説!栄養あり美容・ダイエットに最適?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


家計を守るママさんの強い味方といえばもやしではないだろうか? スーパーで安ければ10円台で購入することもできて、日ごろから活用している人も多いだろう。とはいえ、もやしは栄養がないと思われがちな食材のひとつ。でも、実は栄養もあって低カロリー。美容やダイエットに取り組んでいる人には適している可能性が十分にある。今回はそんなもやしについて調べてみた。

【もっと大きな画像や図表を見る】

●もやしはさまざまな栄養素を含んでいる
もやしは水分が多く、あまり栄養はなさそうに見えるが、ビタミンCやビタミンB、食物繊維、アスパラギン酸、カルシウム、カリウムなど、数多くの栄養素を摂取できる食材。ビタミンCとビタミンBは、皮膚や粘膜を健康な状態にするために必要で、美肌になるためには欠かすことのできない栄養素だ。ちなみにビタミンBには、糖質や脂質の分解・代謝を促す効果がある。さらに、もやしのカロリーは100gで12kcal程度なので、低カロリーを維持しつつダイエットに効く栄養素を摂ることができるだろう。

●もやしは冷蔵でも冷凍でも保存可能
さて、もやしのメリットはわかったのだが、日持ちしないことが難点…。どうすれば、もやしを保存できるか調べてみた。まず冷蔵保存の場合は、タッパーなどに多めの水と一緒にもやしを入れて冷蔵庫に入れるだけ。ただし、2~3日に1度は水をとりかえる必要がある。この方法なら1週間以上は保存することができるといわれている。冷凍保存の場合は、下茹でをしたあとに水気を切って冷凍する方法と、買ってきたままの生の状態で保存する方法があるので、好みに応じて使い分けるとよさそう。冷凍の場合は、2~3週間は保存できるのだとか。

ちなみに、冷蔵保存の場合は、シャキシャキ食感を残すことができる半面、水につけることで栄養素が少なくなってしまう。また、冷凍保存の場合は、食感が悪くなってしまうが栄養素が少なくなることは防げるそう。

炒め物やスープなど、いろんな料理に使うことができるもやし。積極的に食べてもやし美人になってみてはいかが?
(文・奈古善晴/考務店)

記事提供/ママの知りたいが集まる『mamatenna(ママテナ)』
(R25編集部)

もやし最強説!栄養あり美容・ダイエットに最適?はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

コンブチャで美容力がアップするワケ
デトックス効果抜群!コンブチャの秘密
自宅で簡単!コンブチャのつくり方
海外では定番!?「コンブチャ」とは
「ココナッツオイル」凄い実力5選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。