ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アース・ウィンド&ファイアーの創設者モーリス・ホワイトが74歳で死去

DATE:
  • ガジェット通信を≫


2月3日(現地時間)、アース・ウィンド&ファイアーの創設メンバー、モーリス・ホワイトが、ロサンゼルスの自宅で死去した。74歳だった。

パーキンソン病との長きにわたる闘いで、ホワイトの健康状態はここ数か月で悪化していた。彼は1990年代の初期からその病状に悩まされ、1994年からツアー公演の停止を余儀なくされていた。

1960年代の終わりに、ホワイトはシカゴで兄弟のヴァーダインやフレッドと共に伝説的なファンクソウル・バンドを結成し、メインのソングライターやプロデューサーの役割を果たした。ボーカルはリードシンガーのフィリップ・ベイリーとのツインで務めた。ヒット曲には、『シャイニング・スター』『セプテンバー』『ブギー・ワンダーランド』などがある。世界中で9000万枚以上のアルバム売り上げを達成しているこのバンドは、2月15日(現地時間)のグラミー賞で特別功労賞が授けられることになっている。

ホワイトはグラミー賞で21度のノミネートを果たし、7度の受賞を経験している。アース・ウィンド&ファイアーは、2000年にロックンロールの殿堂入りを果たした。ホワイトは、ボーカル・グループの殿堂入り、ソングライターの殿堂入り、NAACP(全米黒人地位向上協会)イメージ・アワードの殿堂入りを果たしている。

2月4日(現地時間)、ヴァーダイン・ホワイトは、「兄弟であり、ヒーローであり、親友のモーリス・ホワイトが、昨夜の睡眠中に安らかに死去しました」「また偉大で伝説的なミュージシャンが亡くなった今、私たち家族は、非常に困難な、我々の生活で人生を変えるような変革を迎えました。だから、私たちのプライバシーを尊重してくれると幸いです。みなさんの祈りと善意に感謝します」と、AP通信に伝えた。

バンドの公式ツイッターは、「モーリスは光となり、我々を照らし続ける」と、ツイートした。


カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP