ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

上野動物園でシマウマ捕獲大作戦

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2月2日、東京の上野動物園では恒例の「猛獣脱出対策訓練」が行われた。これは年に一度、多摩動物園と上野動物園で交互に実施している訓練で、園の職員のほか、警察や消防なども参加する。

【もっと大きな画像や図表を見る】

今回の設定は「動物園で地震が発生し、シマウマが1頭脱出した。すぐに捕獲せよ」というもの。写真のシマウマが園内を走り回り、捕獲網を持った飼育員がジワジワと追い詰めていき、最後は麻酔銃(おもちゃ)で眠らせて捕獲に成功した。

二足歩行のシマウマは一見ユルくも見えるため、緊張感は持ちつつも、実にほっこりした気分になる訓練だ。これまでもゴリラ(2014年/上野)、ユキヒョウ(2015年/多摩)など様々な動物が登場。来年にも期待したい。
(R25編集部)

上野動物園でシマウマ捕獲大作戦はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

上野動物園の猛獣訓練がシュール
「シマウマ」の命名権は8.5万円
クマ射殺に「かわいそう」ネットでは非難集中
「狩猟免許」取得への道
動物にも床暖房!動物園の寒さ対策

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP