ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

バターとマーガリンの違いは材料? それとも製法?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
https://lh3.googleusercontent.com/-KvDrduQuY0o/Vqra3M44III/AAAAAAAAC2A/1w5B3lowiKA/s640-Ic42/160205.jpg

バターとマーガリン、見た目はそっくりで、焼いたパンに塗って食べたら美味しいのはどちらも同じです。

バターはその起源が定かではないほど古くからあり、紀元前2000年頃のインドの経典にも出てくるそうです。一方、マーガリンは1869年にフランスで生まれました。当時のフランスは隣国プロシアとの戦争でバター不足になり、イポリット・メージュ=ムーリエという化学者がバターの代用品として牛脂と牛乳を混ぜて冷やし固めたものを考案。これがマーガリンの始まりです。

バターの主原料は牛乳で脂肪分も牛乳に含まれる脂肪のみになっています。
一方、多くのマーガリンは主原料にコーン油、大豆油、パーム油、なたね油、綿実油などの植物油を使っており、さらに乳製品やビタミン類、食塩などを加えて作ります。バターのような濃厚な風味はありませんが、あっさりした味わいで質感は柔らかめになっています。
また、マーガリンの中でも、含まれる油脂が80パーセント未満のものは「ファットスプレッド」に分類されています。ファットスプレッドは油分が少なくて水分が多いのでカロリーが低く、柔らかくてパンにも塗りやすいことが特徴です。日本で「マーガリン」として売られているものの多くは実はこの「ファットスプレッド」です。近年はバター不足が続いていることもあり、「バター風マーガリン」を謳う商品も増えてきました。これはマーガリンにバターを混ぜ合わせたり、香料や粉乳を加えたりしてバターに近い風味を出したもので、バターに比べて価格も安くなっています。

バター、マーガリン、ファットスプレッド、バター風マーガリンには、それぞれの特長があります。用途に合わせて、その特徴がいきるように上手に利用しましょう。

おすすめのレシピ

炊くだけ!「赤いバターライス」のレシピ | 料理サプリ

スパイシーじゃがバターのレシピ | 料理サプリ

バターチキンカレーのレシピ | 料理サプリ

つまめるアサリバターのレシピ | 料理サプリ

鶏のガーリックバター炒めのレシピ | 料理サプリ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ゼクシィキッチンコラムの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。