ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これ、全部「Excel」で描いたんです。日本人男性によるデジタルアートが海外で話題に!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

作品を制作した堀内辰男さん(75歳)は、パソコン画を始めてから15年、今も新作を発表し続けている、海外でも話題のデジタルアーティストです。驚きなのは絵を描くために使っているツール。

「Excel」で描いたアート!?

これは、『城址濠の桜』という作品。2006年オートシェイプ画コンテストで「特別部門大賞」を受賞したパソコン画です。翌々年の作品も素晴らしい出来栄え。

『金屏風・山郷の眺望』。2008年オートシェイプ画コンテストの「特別部門大賞」受賞作品。どちらも、まさかExcelで描いたとは思えません!

60歳を目前に、早期退職をしてパソコン画を始めたという堀内さん。本人も「表計算ソフト」に秘められていた描画力には驚いたそうですが、周囲にいた若者が上手にグラフや図形を描く様子を見て、これなら絵もかけるのでは?と思い立ったことがきっかけだとか。

Spoon & Tomato」にはこんなコメントが。

「グラフィックソフトは高価ですが、エクセルならほとんどのPCにはじめからインストールされています。それに、機能も豊富でペイントよりもカンタンに使えますよ」

その他の作品も素晴らしいものばかり。なかにはプリントアウトして制作した大きな屏風をつくったものも。これをきっかけに、多くの人が堀内さんの元を訪ねるようになりました。今ではアートを紹介する多くのメディアで掲載され、その注目度はいっそう高まるばかり。







ホームページでは、その他の作品はもちろん、パソコン画や年賀状のつくりかたを紹介しています。パソコンにExcelが入っている人は、ぜひ挑戦してみては?こんなに複雑な表現ができるなんて、スゴイ!

Reference:Spoon & Tomato
Licensed material used with permission by 堀内 辰男,堀内辰男のエクセルで描くパソコン画

関連記事リンク(外部サイト)

最も影響力のある「音楽ジャンル」が判明!科学者が17,904曲を検証して、判明した音楽史の真相とは?
もし、名画の中の人物たちが動き出したら・・・(動画)
サンタクロースにまつわる「10の真実」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP