ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米ワーナー・ブラザース、ローラ・ソビアックの著書『つらいのが僕でよかった』を映画化へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米ワーナー・ブラザースは、ローラ・ソビアックによる感動的な著書『つらいのが僕でよかった』を映画化する権利を獲得した。同著は、ローラの息子の故ザック・ソビアックを主人公とする。

テレビシリーズ『ジェーン・ザ・バージン』の俳優ジャスティン・バルドーニが監督とプロデュース、ケイシー・ラ・スカラとパトリック・コプカが共同でプロデュースする。ケイト・アダムスが米ワーナー・ブラザースを監修する。同スタジオは、ザック・ソビアックの別れの曲にちなんで、映画のタイトルを『Clouds(原題)』と題した。

骨肉腫と呼ばれる珍しい型の骨の癌を患った主人公ソビアックは、楽曲『クラウズ(Clouds)』を、彼の家族、そして友人に向けて作成した。2013年5月に、18歳になったばかりで亡くなる前のことだ。

ソビアックの音楽の売上によって生み出された基金は、主に10代と青年期の若者に起こる骨肉腫の研究に回された。

ソビアックは、「きっといつか僕はまたあなたに会えるだろう。僕たちは雲の中に飛び上がり、終わりをみることはない」と、歌う。

ソビアックは、『クラウズ(Clouds)』を収録して2012年12月にYouTubeで公開した。ソビアックが亡くなった当時は300万回を越える視聴回数があり、現在は1200万回以上の視聴を記録している。

ソビアックの母親ローラによる回想録『つらいのが僕でよかった』は、2014年に出版された。

バルドーニは、自身のプロダクションであるウェイファーラー・エンターテインメントのチームを通じてデジタル・ドキュメンタリーシリーズをつくり、『My Last Days(原題)』を監督した。ザック・ソビアックの話はシーズン1の最終エピソードだ。同エピソードは、YouTubeチャンネルのSoulPancake(ソウルパンケーキ)で放送された。今までで同エピソードは、1400万以上の視聴を獲得している。

映画『Clouds(原題)』の版権契約は、ジョエル・デルバーゴ・アソシエイツのジャクリーン・フリンの代理として、ゴッサム・グループのシャーリー・スマイリーによって行われた。ゴッサム・グループのエリック・ロビンソンは、バルドーニ、ラ・スカラ、コプカの代理人を務めている。リズ・ヨークも同じく、バルドーニとの代理人契約を結んでいる。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP