ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

石原慎太郎 安倍首相は良くやっているが角栄とスケール違う

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 田中角栄氏の金権政治を批判する急先鋒だった石原慎太郎氏が、『天才』というタイトルで上梓した新刊は、田中角栄の人生を一人称で書くというまさかの“霊言”だった。金権を批判したが、しかし政治家として田中角栄は天才で本当のインテリだと評価する石原氏に、現代の政治家について聞いた。

 * * *
〈石原慎太郎氏と田中角栄氏、2人のもう一つの共通点が、アメリカと対峙したことである。石原氏は、角栄がアメリカに頼らない資源外交を展開したことが、ロッキード事件につながると見る。作中で角栄は、こう述懐する。『無念ながらこの国は未だにアメリカの属国ということを何とこの俺自身が証してしまったのかもしれない』〉(〈 〉内は編集部。以下同)

 角さんが総裁になって初めての国政選挙で使った金が300億円だよ。ロッキード事件で授受したとされたのが5億円。300億の中の5億なんていうのははした金なんだよ。どこから出た金かなんて、角さんにわかるわけがない。つまり田中内閣というのは、アメリカの策略でやられたんだよ。その結果、田中角栄を否定することで、私たちは歴史を改竄してしまったんだ。それは後世にとって本当によくない。

 アメリカというのは、自分に歯向かう人間が許せないんだな。俺が『「NO」と言える日本』を書いたときに、共著者の盛田(昭夫)さんはアメリカ版を出すときに逃げちゃったから単著で出したら、60万部売れた。こんな日本人はいないよ。それで、アメリカは俺のことを非常に憎んで、インタビューしたどこかの記者が、俺のことを「背広を着た日本の悪魔の化身だ」って言った。アメリカに悪魔の化身だって言われたら、光栄だね(笑い)。

〈石原氏は、本書のあとがきをこう締めくくる。『歴史への回顧に、もしもという言葉は禁句だとしても、無慈悲に奪われてしまった田中角栄という天才の人生は、この国にとって実は掛け替えのないものだったということを改めて知ることは、決して意味のないことではありはしまい』。「いま角さんが生きていたら」──石原氏は最近、よくそんな想像をするという。〉

 俺が(東京都)知事をしていたときに、角さんが生きてたら助かったと思うね。尖閣諸島の問題にしても、俺が国民に募金を呼びかけたらあっという間に16億円集まったわけだけど、いまだにそれを使えないんだよ。政府も外務省も腰抜けだから。アメリカとの関係をこれからどうしていくのか、それを考える予見性を持った政治家がいない。

 安倍首相は良くやっていると思うが、それでも角さんとはスケール感が全然違う。憲法改正にしても、角さんがいたら、もっと違うことをしていたと思うね。野党も懐柔して、「君たち、これはどう思うんだ」って意見を聞きながら、同時にレトリックで追い込んでいって、有無を言わさない形で十分持っていったと思う。

 それと、自民党は18歳選挙権にしたでしょう。自民党は大変になるよ、これから。実は俺が参院全国区のとき、ヨーロッパのマネをして選挙権を18歳に下げようと、若い議員や学生を集めて大きな講堂借りてキャンペーンをやろうと思ったんだ。そこで、当時幹事長だった角さんのところに行ったら、「何を言ってるんだ君!」って怒鳴られた。「選挙権なんていうのは、20歳でも早すぎる、25歳でいいんだ日本人は!」って(笑い)。

 そんなバカ話を含めて、角さんみたいにひらめきがあって、国民の琴線に触れる言葉を持つ政治家は、もういないね。

※週刊ポスト2016年2月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
石原慎太郎が信長、角栄、サッチャーらのエゴについて語る本
田中角栄と「越山会の女王」の間に生まれた女性が綴った本
落選した田中真紀子氏 会合では「話のうまさは抜群」の声も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。