ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

仲村トオル 難病の妻・鷲尾いさ子を全身全霊で支える日々

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1月30日公開の映画『さらば あぶない刑事』が初日の観客動員10万人を記録し、最高の滑り出しを見せている。

 1986年のドラマスタートから今年で30年。映画7作目となった今作でも、舘ひろし(65才)と柴田恭兵(64才)の“タカ&ユージ”コンビは健在で、「あと5日で定年退職」という設定ながら「衰え知らずの2人! シリーズ最高傑作」と往年のファンは大興奮だ。いくつになっても変わらない破天荒ぶりを見せる2人とは対照的に、新人から課長へと出世する成長を見せたのは町田透を演じる仲村トオル(50才)だ。

 仲村は昨年デビュー30周年を迎えた。大学在学中に映画『ビー・バップ・ハイスクール』で主演デビュー。『あぶデカ』で大ブレークし、連ドラへの出演は30本を超える。

 そんな仲村は1995年に女優・鷲尾いさ子(48才)と結婚。鷲尾は15才でモデルデビュー、1989年に出演した清涼飲料水『鉄骨飲料』のCMで一躍人気女優となった。

「芸能界でも有数の口べたなふたりが交際10か月で結婚。あの会見(鷲尾が涙を流し、人々の感動を呼んだ)には驚きましたね。その後も仲村さんは一度も浮いた噂もなく、理想の夫婦といわれていました。2人目のお子さんを産んでからは鷲尾さんは家事と子育て中心の生活でしたが、出産後もふたりでシャンプーのCMに夫婦共演して話題になりました」(ベテラン芸能記者)

 1999年に長女が、2004年に次女が誕生。都内の1等地約80坪、2億円の一戸建て暮らし。2人の娘も有名私立校に通い、順風満帆な生活を送っていた。しかし、今から5~6年ほど前、鷲尾を病魔が襲った。近所でも鷲尾の姿は見られなくなった。

「原因不明の、完治が難しいといわれる病気でした。歩行や会話も困難になる可能性もあるといわれ、リハビリ治療を続けなければいけません。鷲尾さん1人で出かけることは困難で、家族の生活のスタイルは大きく変わったそうです」(仲村の知人)

 当時、娘は小学生と幼稚園。娘の送り迎え、学校行事、ゴミ捨て、食器洗い、掃除、洗濯──それらを仲村が一気に担うようになった。

「もともと日曜大工はお手の物。ベストファーザー賞をもらったのもうなずける理想的なパパでしたが、それとこれとはわけが違う。でも仲村さんは主夫の覚悟をもって全身全霊で鷲尾さんと娘さんを支えていました」(前出・知人)

 楽しそうに子育てや自身の家事についてインタビューで話す仲村が妻の話に関しては口を閉ざしていたため、その後「不仲説」が飛び交ったこともあった。

「彼の好きな言葉は“武士は食わねど高楊枝”。仲村さんは“感情や欲望を露わにするのは格好悪いことだ”という思いが強く、大変なことほど言わずにのみ込む。だから奥さんの話には触れることはないし、本人も大変でやらなくてはいけないからやるのではなくて、家族のためにもやりたいからやっているって姿勢を見せてきたんだと思いますよ」(前出・知人)

 その娘たちも高校2年生(17才)と小学6年生(11才)。闘病妻を支える大きな存在になった。

「ドラマや舞台の飲み会があっても以前は参加することなく直帰していましたけど、ここ1~2年はほとんど顔を出すようになったようです。今も奥さんは外出などは厳しい状況だそうですが、お子さんたちが手伝ってくれるからでしょうね。鷲尾さんの闘病があって、学校行事に仲村さんがよく顔を出していたから、今も幼稚園時代からのパパ友ママ友と交流が続いているそうです」(前出・知人)

 家族の闘病生活がはじまった頃、仲村は雑誌のインタビューで、「守り抜きたいもの」についてこう答えていた。

《もちろん家族です。俺の代わりの役者はいくらでもいる。そんな感覚は今より若いころのほうが強かったと思いますが、妻や子供は間違いなく、自分でなければダメな人たちで、自分をどうしようもなく必要としてくれていると思う。堅苦しく言えば、そう思うのは責任感からかもしれないけど、守らなければと思うのは確か》

 娘たちの成長がうれしく、でもどこか寂しく感じている夫の姿に、妻は感謝を重ねてやまない。

※女性セブン2016年2月18日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
仲村トオルの妻・鷲尾いさ子に「数年前から重病」との報道
仲村トオル 病妻・鷲尾いさ子にかわって家事全般をフル担当
酒井法子押さえレコ大獲得の立花理佐 レスラーになりたかった

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。