ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

香山リカ氏 「ちゃんこ鍋と弟」の思い出を語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 寒い日が続くこの時期、家族で囲む食卓にピッタリなのは何といっても鍋料理だろう。北海道小樽市出身の精神科医・香山リカ氏が「思い出の鍋料理」を振り返った。

 * * *
 私は札幌生まれの小樽育ち、両親も釧路など港町の出身だったのに、父は何とサカナぎらい。その影響もあったのか、タラやサケなど魚中心の寄せ鍋でも必ず豚肉や鶏団子が入っていました。肉やサカナの出汁が出た鍋はなかなか複雑な味で、弟は小さな頃からシメにごはんを入れて必ず雑炊にしてました。

 その甲斐があってか、みるみる体重が増え、子ども相撲大会ではいつも優勝。北海道は当時、たくさん力士を輩出していたので、両親は「そのうち相撲部屋からスカウトが来て、本当のちゃんこを作るようになるのではないか」と半ば期待、半ば心配していましたが、スカウトは来ませんでした(笑い)。その後、上京してはじめて本格的な「ちゃんこ鍋」の店に行ったとき、「なんだ、本当に我が家の鍋そのものじゃない」と思った記憶があります。

 北海道らしさと言えば、やっぱりいくら父が苦手と言っても、海産物がたっぷり入っていたことでしょうか。タラやサケだけではなく、ホッキ、ホタテなどの貝やイカなどもどんどん投入されていました。父はもう亡くなりましたが、海産物をよけながら鍋から肉を引きずり出して食べていた姿をなつかしく思い出しますね。

※週刊ポスト2016年2月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
築地市場の魚卵専門店「田所食品」 おせち向けの品も勢揃い
面積広大な北海道や離島が多い沖縄 地区予選実施で工夫必要
北海道どさんこプラザ 年間売上9億円、コロッケで5500万円

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP