ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

塩でゴシゴシはNG 歯茎下がりを防ぐにはピヨピヨプー体操

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 年をとるごとに徐々に減っていくという歯茎。見た目も悪く、年齢以上に老けて見えてしまうことも多い。ホワイトホワイト デンタルクリニックの院長で、口元美容スペシャリストの肩書を持つ石井さとこさんはこう話す。

「一度減ってしまった歯茎は増えることはありません。これ以上歯茎を減らさない努力と、目立たせない工夫も重要です。歯茎下がりを食い止めるには、やはり歯磨きは重要。でも歯茎は粘膜ですから、デリケートに扱ってください。押すと痛みや出血があるようなら、出血が止まるまで刺激しないこと。塩でごしごしして鍛える…なんてもってのほかです。歯磨きをする時には、やわらかい歯ブラシを選び、肌にあてて“くすぐったい”と感じるソフトな力加減で行いましょう」

 歯ブラシが届きにくい奥歯は、歯間ブラシやフロスを毎回の歯磨きで使うのが望ましい。また顔の筋肉を鍛えるのも効果的。

「加齢で頬の筋肉が下がったままだと、会話の時に下の歯しか見えていないことがありますよね。実は歯茎はもともと上よりも下の方が薄くて“下がり”やすいんです。わざわざ歯茎が下がった下の歯を見せるのではなく、口角を上げることを意識するだけで歯茎下がりは目立たなくなります。

 また、差し歯の素材が歯肉と合わなくて歯の縁が黒ずんでいると歯茎が下がって見えるようになるなど、審美的な問題もあります。自分に合った差し歯に変えたり、ホワイトニングをするだけで歯茎下がりが目立たなくなるケースも多いですよ」(石井さん)

 さらに石井さんは、自宅で簡単にできる『ピヨピヨプー体操』を教えてくれた。

「やり方は、【1】頬をめいっぱいすぼませて、ひよこのくちばしを作る。そのまま、ピヨピヨと唇を4回動かし、【2】ぷーっと勢いよく頬を膨らませます。これを1日1回行うだけでも口まわりの筋肉がほぐれ、血流が促されて、顔全体のアンチエイジングにも効果を発揮します」

 食生活など生活習慣の見直しも有効だ。東京医科歯科大学非常勤講師で医療ジャーナリストの宇山恵子さんが説明する。

「コラーゲン生成に必要なビタミンCやたんぱく質──野菜、果物、卵、肉、魚などをバランスよく食べることがおすすめです。ですが、気になったらすぐに歯科医院に行き、相談をするのが望ましいですね」

※女性セブン2016年2月18日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
歯磨きは朝起きてすぐするべきか、朝食後か 歯科医が解説
たばこ臭が嫌いな喫煙者 自分で吸うたびに歯磨き計1日20回
電動歯ブラシ 1回3分以内にフィニッシュが基本と美人歯科医

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP