体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

痛車からメイド喫茶までジャック!? スクエニ『アリスオーダー』キャンペーンが秋葉原を完全制圧中

ao_akiba_01

『ミリオンアーサー』シリーズのプロデューサー岩野弘明氏が手がける超能力ミリタリーRPG『ALICE ORDER/アリスオーダー』。2020年代の“日本崩壊”後の世界を舞台に、“アリス”と呼ばれる超能力をもった少女たちが侵略者達に対抗する特殊部隊に入り戦うという本格的な設定でリリース前から注目されていましたが、2016年1月28日よりiOS/Android向けに配信がスタートしています。

そんな『アリスオーダー』のリリースを記念して、2016年2月1日から14日まで東京・秋葉原で「“アキバジャック”キャンペーン」を敢行。秋葉原駅構内や街頭の至るところに大小のポスターに彩られているほか、キャラクター仕様の痛車、メイドカフェとのコラボ、47インチの“デカスマホ”による体験ブースなど、もりだくさんの内容となっています。

痛車5台がゲームをアピール

ao_akiba_04

初日の2016年2月1日には痛車5台が秋葉原に集結。11時には“出発式”も行われました。5台そろうとなんだか壮観ですね。

ao_akiba_02

各キャラクターと武器のカッコカワイイ組み合わせで全面ラッピングされた痛車は、街の中でかなり目立ちそう。

ao_akiba_03

フロントには、各キャラクターがあしらわれています。

なお、キャンペーン期間中は秋葉原・渋谷・新宿・池袋の街中をこの痛車がパレードするのだとか。見かけたらスマホのカメラで撮りまくっておきましょう!

至るところにハナちゃんが!

ao_akiba_05

駅構内はもちろん、秋葉原の至るところにある看板なども『アリスオーダー』がジャック。貼れるところには全て貼ったといっても過言ではないくらいの気合の入りようです。

特に目立つのが、“ハナちゃん”こと芹沢ハナのイラスト。UDXビルへの連絡通路エスカレーター上には「たまには階段つかったらっ??」とのメッセージ。アッ、ハイ……。

ao_akiba_06

「さむいよぅ!UDXに退避ぃぃ!」とか、CV担当の諸星すみれさんのボイスでの脳内再生、余裕ですね。

ao_akiba_07

駅から電気街の通路では「wifiありまぁす」とのメッセージ。これでゲームもサクサクはかどります。やったね!

1 2次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。