ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「雑貨展」開催! トップクリエイターたちが雑貨文化を大研究

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ポップアップショップ「雑貨店」も登場

2016年2月26日(金)から2016年6月5日(日)まで、東京・六本木の「21_21 DESIGN SIGHT」にて「雑貨展」が開催されます。

毎回注目が集まる21_21 DESIGN SIGHTの企画展。今回のテーマはずばり「雑貨」。世界的なプロダクトデザイナーで日本民藝館館長でもある深澤直人氏が展覧会ディレクターを務め、日本独自の文化「雑貨」を紹介します。

展示では様々なテーマを設定。約30組のクリエイターたちが参加し、広い意味を持つ「雑貨」を歴史、文化、言葉、デザイン、アート、メディアなど様々な切り口から多面的にとらえていきます。

会期中は各種トークイベントが開催されるほか、本展よりリニューアルされたショップスペースにカリスマバイヤー・山田遊氏によるポップアップショップ「雑貨店」も登場。見て、聞いて、買って楽しめるエキシビションとなっています。

本展では雑貨を「日常の生活空間に寄り添い、ささやかな彩りを与えてくれるデザイン」と定義。展示を通して、日々の暮らしになんとなく存在している雑貨の意外な魅力を再発見できるはずです。ぜひ足をお運びください。

会場イメージ

深澤直人(韓国ソウル特別市・広蔵市場(クァンジャンシジャン)の荒物屋にて)

川原真由美「雑マンダラ」(グラフィック: 橋詰 宗)

松野屋+寺山紀彦 (studio note)「荒物行商インスタレーション」(画像: 荷車を引く行商<横浜開港資料館>)

伊藤菜衣子/池田秀紀(暮らしかた冒険家)「自問自答」

藤城成貴「雑貨とデザインの考察」

「ZAKKA OBJECTS & DRAWINGS」(フィリップ・ワイズベッカー「BOMBAS」)

雑貨展グラフィック(デザイン:葛西 薫)

「雑貨店」ロゴビジュアル(デザイン:葛西 薫)

1Fショップスペース什器イメージ(デザイン:長坂常(スキーマ建築計画))

雑貨展

日時:2016年2月26日(金)~2016年6月5日(日) 10:00~19:00

※火曜休館

会場:21_21 DESIGN SIGHT(東京ミッドタウン・ガーデン内)/東京都港区赤坂9-7-6

入館料:一般1100円、大学生800円、高校生500円、中学生以下無料

▽関連プログラム 雑貨展オープニングイベント

日時:2016年2月27日(土)、14:00~16:00

出演:深澤直人、ナガオカケンメイ(D&DEPARTMENT)

トーク「雑貨展企画チームによる雑談」

日時:2016年3月26日(土)14:00~16:00

出演:井出幸亮、中安秀夫、橋詰宗、熊谷彰博、五十嵐瑠衣、山田遊(method)、前村達也(21_21 DESIGN SIGHT)

21_21 DESIGN NIGHT 特別企画「何に着目すべきか」

日時:2016年4月28日(木)18:00~20:00

出演:雑貨展出展者、参加作家、企画チーム

トーク「欲しいもの、持っているもの」

日時:2016年5月14日(土)14:00~16:00

出演:山田遊、山本憲資(Sumally)

雑貨店

会場:1階ショップスペース

販売商品:深澤直人セレクトの雑貨、参加作家・出展者にまつわる雑貨

ショップ監修:山田遊

キッチン用品・キッチン雑貨生活雑貨インテリア雑貨

関連記事リンク(外部サイト)

グリーンウッドターニングの器展「”木の器”展~三好克泰/中島信太郎」開催
子育て世代にもマッチする「畳のある暮らし」
2016年は史上最大規模のボリュームに! 京都・東京で「布博」開催

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP