ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

甲斐路軍鶏を使った激旨スープのラーメンを食べてみた @『らーめん屋 小川』相模原

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

最近は歳のせいか、あれほど好きだった二郎や家系よりも、比較的あっさりした”煮干し系”にハマっている筆者ですが、何気に鶏のスープも嫌いじゃありません。

っていうか、むしろ大好きで御座います。

というわけで、筆者がお気に入りの『らーめん屋 小川』を紹介してみましょう。

相模原の『らーめん屋 小川』が熱い!

そこそこ前から営業しているのは知っていた筆者ですが、さして注目していませんでした。

しかし、ネットで色々と調べていると、あの相模原で名店と言われた『葉月』の店主が新しく始めたラーメン屋さんとの情報。

これは行くしかありません!

『醤油ラーメン』を食す!

なんでも”甲斐路軍鶏”を使ったスープだそうで、塩と醤油が選べます。

なんとなく初見なので醤油にしてみた筆者ですが、あの『葉月』の店主ならば塩も外さない予感はしますね。

次回は是非とも塩を食べる事にしてみましょう。

というわけで、『醤油ラーメン』(750円)で御座います。

若干、750円が高いのか安いのかって話ですが、軍鶏を使ったスープであればコスト的にも750円になるのは仕方ないでしょう。

全体的にもイイ感じの盛り付けですが、やはりスープの美味しそうなビジュアルには期待が高まりますね。

ラーメンに玉葱だ…と?

ラーメンに生玉葱の微塵切りとか、確実に”八王子ラーメン”を意識してしまいますが、この『らーめん屋 小川』の『醤油ラーメン』は地鶏、それも軍鶏を使った鶏スープなのでヤヴァイですね。

ちなみにラーメンにおける生玉葱の存在意義ですが、ラーメンのスープに浮かぶ脂と混ざる事で、生玉葱の辛さが飛んで食べやすくなり、しかも玉葱の食感は残るので、良いアクセントになります。

しかも!

玉葱と言えば血液がサラサラになる予感なので、むしろ他のラーメンにも玉葱を入れるべきだと筆者は思っています。

甲斐路軍鶏のスープがキテる!!

同じ鶏でもブロイラーと地鶏ではスープが全然違いますし、しかもソレが”甲斐路軍鶏”となると、その旨さは別格で御座います。

スープと言うか出汁も違うのですが、特に筆者は”脂”の質と言うか香りに注目したいですね。

牛でも豚でも良い奴は脂が美味しいんです。

で、ブロイラーの脂だと臭みが出てしまうのですが、この”甲斐路軍鶏”の脂は臭いどころか香ばしい香りがします。

ここら辺、絶対に素材が悪いと誤魔化せない部分で、あえて”甲斐路軍鶏”にコダワル『らーめん屋 小川』の店主のセンスは素晴らしいですね。

値段とか利益重視で安い鶏を使っていたら、絶対に出せない鶏のスープが堪能出来ます。

麺も長野県産小麦100%

さらに麺に使う小麦は国内産、それも長野県産の小麦100%を使っている模様。

ここまで素材にこだわって、美味しいラーメンになっているのなら750円は高くない、むしろ安いと筆者は感じます。

麺は細麺で、ほぼストレートです。

ツルっとした食感でコシもあり、スープの絡みは悪くないのですが、もっと縮れていると、よりスープを運んでくれる予感です。

とは言え、この甲斐路軍鶏を使った『醤油ラーメン』には、なかなか合っていると思われ、細麺好きには堪らない組み合わせかと思われます。

チャーシューも美味しいぞ!

チャーシューは豚の肩ロースで、柔らかく煮込まれていますが、ちゃんと豚の風味が残っていて美味しいですね。

さらに限定ですが”甲斐路軍鶏叉焼”みたいなチャーシューもトッピング出来るので、次は忘れずにトッピングしてみたいと思います。

『醤油ラーメン』 総評

とにかく『らーめん屋 小川』の甲斐路軍鶏スープは激ヤヴァですね。相模原で一番美味しい鶏スープのラーメンを教えろと言われたら、この『らーめん屋 小川』の名前しか出て来ません。

鶏ベースのラーメンスープと言うと、昔の中華料理屋さんの”中華そば”みたいな薄い感じのスープを思い浮かべる人が少なくないと思いますが、ここ数年のラーメンの進化を侮ってはなりません。

鶏100%で作るラーメンスープの美味しさは、一昔前とは全然別物になっているのです。

しかも地鶏、それもブランドの甲斐路軍鶏を使った贅沢なラーメンとなれば、まるで別格であると言っておきましょう。

いや、このスープであれば次回は『塩ラーメン』(750円)は必食な予感ですね。

それでは、是非みなさんも相模原の『らーめん屋 小川』で、美味しいラーメンを食べてみて下さい。

相模原ラーメンの良心と言われた『葉月』の実力を、思い知る事になると思いますよ。


『らーめん屋 小川』

神奈川県相模原市中央区富士見4-5-20

営業時間 11:30~15:00
火水金土は夜の部もあり 18:00~22:00
(夜の部、ラーメンメニューは”中華そば”のみ)

定休日:月曜日

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP