体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

甲斐路軍鶏を使った激旨スープのラーメンを食べてみた @『らーめん屋 小川』相模原

ogawa-shou003_R

最近は歳のせいか、あれほど好きだった二郎や家系よりも、比較的あっさりした”煮干し系”にハマっている筆者ですが、何気に鶏のスープも嫌いじゃありません。

っていうか、むしろ大好きで御座います。

というわけで、筆者がお気に入りの『らーめん屋 小川』を紹介してみましょう。

相模原の『らーめん屋 小川』が熱い!

ogawa-shou000_R

そこそこ前から営業しているのは知っていた筆者ですが、さして注目していませんでした。

ogawa-shou001_R

しかし、ネットで色々と調べていると、あの相模原で名店と言われた『葉月』の店主が新しく始めたラーメン屋さんとの情報。

ogawa-shou002_R

これは行くしかありません!

『醤油ラーメン』を食す!

ogawa-shou011_R

なんでも”甲斐路軍鶏”を使ったスープだそうで、塩と醤油が選べます。

なんとなく初見なので醤油にしてみた筆者ですが、あの『葉月』の店主ならば塩も外さない予感はしますね。

次回は是非とも塩を食べる事にしてみましょう。

ogawa-shou004_R

というわけで、『醤油ラーメン』(750円)で御座います。

若干、750円が高いのか安いのかって話ですが、軍鶏を使ったスープであればコスト的にも750円になるのは仕方ないでしょう。

全体的にもイイ感じの盛り付けですが、やはりスープの美味しそうなビジュアルには期待が高まりますね。

ラーメンに玉葱だ…と?

ogawa-shou005_R

ラーメンに生玉葱の微塵切りとか、確実に”八王子ラーメン”を意識してしまいますが、この『らーめん屋 小川』の『醤油ラーメン』は地鶏、それも軍鶏を使った鶏スープなのでヤヴァイですね。

ちなみにラーメンにおける生玉葱の存在意義ですが、ラーメンのスープに浮かぶ脂と混ざる事で、生玉葱の辛さが飛んで食べやすくなり、しかも玉葱の食感は残るので、良いアクセントになります。

しかも!

玉葱と言えば血液がサラサラになる予感なので、むしろ他のラーメンにも玉葱を入れるべきだと筆者は思っています。

甲斐路軍鶏のスープがキテる!!

ogawa-shou008_R
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy