ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

グラミー賞受賞SSW、ボン・イヴェール、来日記念盤がリリース。来日メンバーの詳細も

DATE:
  • ガジェット通信を≫


第54回グラミー賞で初ノミネート(主要3部門含む全4部門にノミネート)にも関わらず最優秀新人賞と最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム賞の2冠を達成して新世代を代表するシンガー・ソングライターとなったボン・イヴェールことジャスティン・ヴァーノン。
ボン・イヴェール名義で活動を始めて以来初のジャパン・ツアーの決定を祝しリリースされることとなった、グラミー賞「ベスト・オルタナティブ・アルバム」受賞作『ボン・イヴェール』の来日記念盤が遂にリリース。
今作は名曲ぞろいの本編に加えて、公開時にその完成度の高さが話題を呼んだファンの間では伝説となっている『Bon Iver at AIR Studios (Jagjaguwar/4AD Session)』がボーナスディスクとして収録。これまでも世界各地で幾度も音源化が試みられていたもののアーティストのOKが出ず実現には至らず、今回が世界初CD音源化となった激レア商品だ。
完全生産限定、そして日本独自企画盤となるので気になる方は早めのチェックを!
「行ったことがないから行くんだ。」そんなシンプルながら力強いメッセージと共に日本を含むアジア・ツアーを発表したボン・イヴェール。彼の日本のファンに対する思いが伝わってくるような作品だ。———————
ボン・イヴェール、YouTubeプレイリストはこちら:
https://www.youtube.com/playlist?list=PLOVU3fndX1uHLFyqH76ikNp7oJ5RqdaA8
———————また、そんなジャパン・ツアーに参加するメンバーの詳細情報が明らかに。ソロとしても高い人気と実力を誇るマルチ奏者、エス・キャリーを筆頭にマシュー・マッコーン、アンドリュー・バードのサポートも務めるマイケル・ルイス、アンディー・フィッツパトリック、そしてザ・ステーヴスというバンドとしても活動するジャスティンの秘蔵っ子、テイラー三姉妹という豪華8人編成で魅惑のステージを繰り広げてくれることとなりました。
思い出に残る特別な一夜となること間違いなしの今回、是非お見逃しなく!———————
ボン・イヴェール、来日公演オフィシャルサイトはこちら:
http://ynos.tv/hostessclub/schedule/20160229.html
———————

Bon Iver (ボン・イヴェール)

『Bon Iver (Japan Tour Limited Edition)(ボン・イヴェール来日記念盤』
発売中
(Jagjaguwar / Hostess)
価格:2,400円+税
※完全生産限定、日本独自企画盤、ボーナスディスク『Bon Iver at AIR Studios(Jagjaguwar/4AD Session)』(5曲収録)、歌詞対訳、ライナーノーツ 付

<トラックリスト>
1.Perth
2.Minnesota, WI
3.Holocene
4.Towers
5.Michicant
6.Hinnom, TX
7.Wash.
8.Calgary
9.Lisbon, OH
10.Beth/Rest

※最新アルバム『Bon Iver』iTunes絶賛配信中!
リンク:
https://itunes.apple.com/jp/album/bon-iver-deluxe-edition/id481945516?at=11lwRX

■公演情報
タイトル:Hostess Club Presents Bon Iver
日時/会場:2016/2/29(月)東京・新木場スタジオコースト
2016/3/2(水)大阪・ZEPPなんば
OPEN 18:00 /START 19:00
チケット:¥7,500 (ドリンク代別途 / スタンディング)
¥8,500(ドリンク代別途 / 2階指定席)
チケット絶賛販売中!
公演オフィシャルサイト:http://ynos.tv/hostessclub/schedule/20160229.html
問い合わせ:東京・クリエイティブマン 03-3499-6669
大阪・キョードーインフォメーション 0570-200―888
主催:Hostess Entertainment / Creativeman 制作・招聘:Creativeman
※未就学児(6歳未満)のご入場をお断りさせていただきます。

■バイオグラフィー
ボン・イヴェールは米ウィスコンシン州出身のシンガー・ソングライター=ジャスティン・ヴァーノンのソロ・プロジェクトとして始まる。08年に発表した奇跡のデビュー・アルバム『フォー・エマ・フォーエヴァー・アゴー』で世界中の音楽メディア、批評家、アーティストから絶大な指示を得ると、Observer紙、Rough Tradeの年間1位を始め、2008年のベスト・アルバムを総なめにした。全世界が待ち望んだセカンド・アルバム、『ボン・イヴェール』が54回グラミー賞最優秀新人賞&最優秀オルタナティヴミュージック・アルバム賞を受賞する。デビュー・アルバム発売後の2009年にリリースしたEP『ブラッド・バ ンク』収録の楽曲「Woods」を後にカニエ・ウェストがサンプリングし話題となったことも記憶に新しい。
日本公式サイト:http://hostess.co.jp/boniver/

 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP