ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ファン待望】2016年4月に「スヌーピーミュージアム」が六本木に誕生!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2015年10月2日に、連載開始65周年を迎えた『ピーナッツ』。同日にオープンした「PEANUTS Cafe」が大きな話題になりましたよね。

そしてこのたび、スヌーピーファンの聖地「シュルツ美術館」の世界初となるサテライト「スヌーピーミュージアム」が、2016年4月23日(土)に開館決定。場所は東京・六本木です!

オープン記念展のテーマは
「愛しのピーナッツ。」

© Peanuts Worldwide LLC

最大の見どころは、作者チャールズ M. シュルツ氏の夫人、ジーン・シュルツさんが愛する原画の数々です。例えば、1985年のバレンタインデーに夫から贈られたプレゼント。モノクロームの画面に彩色を施し、赤いハートとメッセージを添えた特別な原画で、 世界で初めて公開されます。

© Peanuts Worldwide LLC

こうした原画や思い出の品々を通じて、シュルツ氏の創作にまつわるエピソードなど、ジーン夫人のみが知る秘話の数々が初めて明かされます。さらには、各界の熱心なファンがそれぞれの「ピーナッツ愛」を披露する展示も。

その他にも『ピーナッツ』以前に描かれた初期のコミック『リル・フォークス』の原画やヴィンス・ガラルディの音楽でおなじみのアニメーション、お宝級のヴィンテージグッズや未発表のスケッチなど、“世界初公開”を含む作品や資料など約150点を展示予定!

さらに、
ミュージアムショップや…

© Peanuts Worldwide LLC

ミュージアムショップ「BROWN’S STORE」で取り扱われる商品は、世界中でここにしかないオリジナルのものばかり。図録やステーショナリー、雑貨、ホームウェアにファッション、食品にいたるまで、すべてスヌーピーミュージアムでしか購入できません。

定番アイテムの他にも、展覧会に出品された原画をデザインしたものや、注目ブランドとコラボレートしたものが限定アイテムとして登場予定。ファンにはたまりませんよね!

居心地のいいカフェも!

© Peanuts Worldwide LLC

「Cafe Blanket」。その名はもちろんライナスの安心毛布から。水色の大きなテーブルを真ん中に、外へ外へとオープンデッキが広がります。

ちなみにこのお店は「PEANUTS Cafe」によるプロデュース。ドリンクもフードもデザートも、西海岸テイストたっぷりのメニューが用意されているのだそう。

© Peanuts Worldwide LLC

六本木駅からわずか数分で、都会の喧騒を離れた別世界へ。「スヌーピーミュージアム」は、訪れるたびに幸せな気持ちになれる、そんな場所になりそうです。

Licensed material used with permission by Peanuts Worldwide LLC

関連記事リンク(外部サイト)

「YES」をスウェーデン語で言うと発音が・・・めちゃめちゃ意外だった!
天国への手紙も受け付けてくれる「漂流郵便局」とは?
世界各地の壁を「作品」に変えるストリートアーティスト

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP