ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

テレビ周りの操作を1台に集約!快適なハードウェア環境を提供するスーパーリモコンが登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

テレビ周りのリモコンは、日常生活におけるちょっとした悩みの種。デバイスを増設するたびに、この小さな機器も手元に増えていくから、困ってしまう。

しかし、今は何でもスマートにできる時代。こうした問題を解決する製品も、ちゃんと開発されているのだ。

「Ray Super Remote」は、タッチスクリーン式のユニバーサルリモートコントローラー。“CES 2016”で、大きな反響を呼んだ便利デバイスだ。

・数千台の機器に対応

サムスンが自社製品に採用していることでも知られる、ユニバーサルタッチスクリーン。他社製品との互換性が高く、テレビ以外の機器操作も簡単に行えるのが、大きなポイントだ。

対応可能な機器は、テレビ、セットトップボックスを筆頭に、DVD、ゲーム機、サウンドバー、Apple TVやRokuといったストリーミングデバイス、各種スマートホームデバイスなど多数。その数、実に数千台。リモコン1つで、自宅のIoT化を実現するなんて、夢のようだ。

タッチスクリーンだから、当然ボタンはなし。スマホ感覚で、楽々操作できるのもうれしい。

・日本語の対応は未定

何と言ってもありがたいのは、複数のリモコンとお別れできること。

置き場に困って、テーブルにずらずら並べておく必要もない。本品を使えば、快適かつ洗練されたハードウェア環境が、すぐ手に入るのだ。

製品はホームページから、249ドル(約29,880円)で購入可能。ただし、今のところ言語は英語のみで、対応国もアメリカのみ。グローバル化はこれかららしいので、日本で使えるようになるまで、しばらく待つことになりそうだ。

Ray Super Remote

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP