ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

産経・加藤達也氏 出国禁止→解除を井沢元彦氏と語り合う

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 実に500日。執筆したコラム記事が「朴槿恵大統領への名誉毀損」にあたるとして起訴された産経新聞の加藤達也・前ソウル支局長は、17か月にわたり法廷闘争を繰り広げた。昨年末ようやく無罪が確定したが、記者の仕事と朴政権との「500日戦争」を通じて韓国を“体感”した加藤氏は、慰安婦問題に関する日韓合意について懐疑的だ。そして、長く韓国を見てきた作家の井沢元彦氏も、「また蒸し返してくるのではないか」と懸念を示す。韓国に通じた2人が日韓関係の行方を語り合った。

井沢:このたびは本当に大変でしたね。長い間、お疲れ様でした。

 はじめに事件を整理させてください。韓国の大手紙・朝鮮日報がセウォル号沈没当日(2014年4月16日)、朴槿恵大統領が男性と会っていたという噂をもとに記事を掲載した。加藤さんはこの記事を引用してコラムを書いた。

 しかし検察が、朴大統領への名誉毀損で起訴したのは加藤さんだけです。発端である朝鮮日報はお咎めなし。まずそこが腑に落ちません。

加藤:朝鮮日報は朴政権と関係が近いから、検察としても切り分けたい思惑があったようです。もうひとつ、私のコラムを無断で韓国語に翻訳した「ニュースプロ」という媒体も同時に告発されました。これは海外メディアの朴政権批判のニュースを翻訳する韓国のネット媒体です。しかし一度家宅捜索をした後、捜査はうやむやになりました。

井沢:つまり「日本人が」韓国政府を非難するのはけしからんということですね。それはあからさまな差別です。どのくらいの期間、出国禁止措置を受けていたんですか?

加藤:約8か月です。はじめに出国禁止措置が出たのは2014年8月7日でした。延長が繰り返され、解除されたのは2015年4月14日です。

◆食事の現場に監視員

井沢:生活や移動は自由だったんですか。

加藤:それは自由でした。が、初めの頃は明らかに監視がついていました。

 実は出国禁止について韓国政府から私に対して通知がなかったんです。私は出国禁止措置が出た2日後の夜、それを知らないままソウルで日本大使館幹部と食事をしていました。チヂミなどをつまんでいると、周囲にあった3つのペアシートのうち、1組が明らかに普通のカップルではありませんでした。入れ替わり立ち替わりで、挙動がおかしい。おそらく検察当局ではなく、情報機関の人間が私の動向を把握して、大統領府に伝えていたのだと思います。

 その食事の最中に日本のメディアの記者から電話がかかってきて「加藤さん、出国禁止になったとニュースで報じられているけど、本当ですか?」と聞かれて、初めてそんな事態になっていることを知りました。

井沢:出国禁止を本人に伝えないとはずいぶんいい加減ですね。監視はずっと続いたのでしょうか。

加藤:それもいい加減で、しばらくすると、監視が付く日があったり付かない日があったり。基準は分かりませんが、徹底されていませんでした。

井沢:伝え聞いた所では、高齢のお母様をお見舞いするために出国が許されたとか。

加藤:そこには韓国のお国柄を象徴する話があります。外国人特派員である私に対する出国禁止措置が出たあと、欧米のメディアは韓国の対応を激しく非難しました。

井沢:表現の自由を侵しているだけでなく人道的な問題でもありますから、当然です。

加藤:国際世論の高まりに、朴政権は、私という“荷物”を背負い続けるのが苦しくなってしまったんです。そして政権内で「加藤を出国させる手はないか」という動きが出てきた。しかし面子があり簡単に出国を許可できない。起訴を取り下げるなんてもってのほか。出国を許すため韓国内向けの言い訳が必要だった。

 ある日、検察が私の弁護士を通して「どうしても日本に帰らなければならない事情はないか」と打診してきた。日本で仕事をしなければならないと伝えたら「その程度の理由ではダメだ」という。次に「あなたのお身内の状況は」と聞かれたので「84歳の母は、一応元気だけれども、膝が痛むことがある」というと韓国政府はうまい具合に解釈してくれました。

井沢:「“悪人加藤”も母親への情は捨てがたく孝を尽くしたいと言っている。だから出国を許そう」というわけですね(笑)。韓国は親を敬う「孝」を第一とする儒教社会ですから、これなら韓国内向けにも十分な理由になる。

加藤:韓国は建前を重んじて何事にももったいぶる国なんだな、と実感しました。

【PROFILE】いざわ・もとひこ 1954年生まれ。週刊ポストで『逆説の日本史』を連載中。2月5日、『逆説の日本史 別巻5 英雄と歴史の道』(小学館文庫)が発売。

【PROFILE】かとう・たつや1966年生まれ。1991年産経新聞東京本社入社。社会部、外信部などを経て、2010年からソウル特派員。2011年、ソウル支局長。現在は社会部編集委員。裁判の経験を綴った『なぜ私は韓国に勝てたか』(産経新聞出版)が発売中。
 
※SAPIO2016年3月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
韓国国民 何よりも恐れているのは「親日派」のレッテル貼り
産経支局長を起訴した韓国に外務省は売られた喧嘩を買う構え
韓国人作家「産経前ソウル支局長起訴で韓国は世界から嘲笑」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP