ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フィリピンご訪問 両陛下のご意向で窓が開く車に変更

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 羽田空港に降り立たれた天皇皇后両陛下の表情から、5日間のご訪問が大変充実したものだったことが伝わってきた──。1月30日、両陛下はフィリピンとの国交正常化60年を記念した公式訪問から帰国された。現地ではアキノ大統領との面会や晩餐会、在留邦人との接見のほか、両陛下の強いご意向もあり、太平洋戦争におけるフィリピン人犠牲者の眠る『国立英雄墓地』と、日本人戦没者のために作られた『比島戦没者の碑』への供花をされた。

「参列した約150人の遺族や元日本兵に歩み寄られた両陛下は、約30分にわたってお言葉をかけられました。目に涙をためながら話す人々に、両陛下はひとつひとつうなずかれながら真摯に耳を傾けられていました。そのお姿からは、両陛下が長らく続けてこられた“祈りの旅”への強いお気持ちが感じられました」(皇室記者)

 今回のご訪問はフィリピン国民からの関心も高く、現地でも大きく報じられた。

「両陛下はフィリピンの人々とも深く交流されたいという思いを抱かれていたようです。そのため、両陛下はお乗りになる車を滞在中に別の車両に変更されたのです。滞在初日は、警備の関係から窓がほとんど開けられない車だったのですが、2日目から、窓が開けられるものに変わった。これは、直接お顔を合わせたいという、両陛下のご意向によるものだったそうです」(前出・皇室記者)

 ともに80才を超える両陛下へのご負担を考慮して、今回のご訪問はかなり余裕のあるスケジュールが組まれていた。

「それでも最高気温は30℃に迫り、立っているだけでじっとりと汗が浮き上がってくるほど。屋外でのお出ましの際には、両陛下の立ち位置が日陰になるよう調整が繰り返されましたが、正装で臨まれている両陛下にはおつらい面もあったと思います。また、到着時の飛行機のタラップや、行事の会場にある段差などでは美智子さまの歩みがたどたどしくなり、陛下の腕におつかまりになることもありました」(前出・皇室記者)

 2度の大きな手術をご経験された陛下と、頸椎症性神経根症による首や腕の痛みに加え、昨夏には心筋虚血による胸の痛みを訴えられた美智子さま。ご体調への心配が募る中で、フィリピンではこんな異例の光景が見られた。

「移動時の両陛下の車列に、救急車が含まれていたのです。実は昨年、日本国内でのいくつかの公務の際にも、近くに救急車が待機しているのが見かけられたことがありました。ですが、こと車列に救急車となると過去に例を見ない。何か重大な体調のご不安があるのではないかと、一部、騒然となりました」(前出・皇室記者)

 実際は、救急車の手配はフィリピン側の配慮によるもので、危惧すべき問題ではなかったという。

「ご到着、ご出発の両日にアキノ大統領が空港に足を運ばれるなど、フィリピン側は最上の敬意を払って両陛下をお迎えしていました。救急車の存在も、ご高齢の両陛下に“万が一”があってはならないと、万全を期するためのものだったそうです」(前出・皇室記者)

撮影■太田真三

※女性セブン2016年2月18日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
天皇皇后両陛下が私的旅行の訪問先に青森県を選ばれた理由は
天皇陛下 1月末のフィリピンご訪問を区切りに公務引き継ぎか
被災地の両陛下「自分達が履く訳には・・・」とスリッパ脱がれる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP