ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【先ヨミ】ボイメン、スタートダッシュで2作連続1位に大きく前進!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 SoundScan JapanによるCDシングル売上レポートから2月1日~2月3日までの集計が明らかとなり、BOYS AND MEN『Wanna be!』が現在首位を走っている。

 BOYS AND MENは、名古屋をはじめとする東海地方を拠点に、歌・ダンス・芝居・ミュージカルなどもこなすエンターテイメント集団。『Wanna be!』は、彼らの2016年第2弾シングルで、タイトル曲はTVドラマ『白鳥麗子でございます!』主題歌に起用されている。前作『BOYMEN NINJA』は、1月18日付Billboard JAPAN週間セールスシングルチャート“Top Singles Sales”で1位を獲得しており、その勢いは今作にも表れている。2作連続で1位となるのか、週末の売上げに注目が集まる。

 2位は、氷川きよしの通算29作目のシングル『みれん心』。3位は、Juice=Juice演じるアイドルユニット・NEXT YOUのシングル『Next is you! / カラダだけが大人になったんじゃない』。前作から約4か月というスパンでリリースされたHappiness『Sexy Young Beautiful』が4位。5位には、声優・蒼井翔太の5thシングル『絶世スターゲイト』が入った。

◎SoundScan Japanシングルセールス集計速報
(2016年2月1日~2月3日までの集計)
1位:BOYS AND MEN『Wanna be!』
2位:氷川きよし『みれん心』
3位:NEXT YOU / Juice=Juice『Next is you ! / カラダだけが大人になったんじゃない』
4位:Happiness『Sexy Young Beautiful』
5位:蒼井翔太『絶世スターゲイト』

関連記事リンク(外部サイト)

ザ・ヴァンプス 「ジャパン!ダイスキ!」1年ぶりの来日公演終了、コナーがTV電話で登場するサプライズも
インディ&E.T.の音楽を生オーケストラで! 巨匠ジョン・ウィリアムズの音楽演奏会が2016年8月、日本初上陸
KANA-BOON、新曲MV&新ALのトレイラー映像公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP