ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

殺風景なテレビまわりが様変わり! 300均でインテリアコーデ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最近では、すっかり生活に欠かせなくなった“均一ショップ”。特に300円均一は、100円均一よりも質が良い点やデザイン性が高い点などが受け、女性からの支持が高い。そこで今回は、300円均一ショップのアイテムを使い、「部屋の一部をオシャレにしよう作戦」を実行してみた!

今回は、わが家のテレビまわりをちょい変え。物が少なく、かなり殺風景だ……

とはいえ、“統一感”が重要なポイントになるインテリア。素人が予備知識なく挑戦するのは至難の業だ。何かコツはないのだろうか?
「実は、色や素材が違っても、系統さえそろっていれば統一感を出すことができます。感覚的な部分にはなってしまうのですが……音楽でも、ロックと演歌の違いってわかりやすいですよね。それと同じように、和雑貨やガーリー系の雑貨など、系統を選別するくらいならわりとできるものですよ」

と、大手300円均一ショップ「CouCou(クゥクゥ)」の広報・岩橋理恵さん。しかも、雑貨の系統別にアイテムをディスプレイしているショップも多いとのこと。これを参考にしてそろえれば、間違いなく統一感は生み出せるというわけだ。ちなみに、家具の色は白か黒でまとめておくと、どんな系統のインテリア雑貨にもハマるそう。これから家具を買いそろえる人は参考にしてみるといいだろう。

「最近のインテリアのトレンドといえば、白・黒・ネイビーといったシンプルで落ち着いた色合いが特徴の“ハンサム系”。2〜3年前に流行した“カリフォルニア系”から派生したとされています。部屋がメンズライクな印象になりますよ。また、根強く人気なのがガーリー系やアンティーク系。どちらも、常に一定の層から支持されていますね」

左から時計回りに、フォトフレーム、アートフラワー、時計、キャンドル、コンポート。キャンドルはフェイクで、電池で光るしくみ

そこで、ついに本題! たとえば、わが家の殺風景なテレビボードは、どうすればオシャレになるのだろう? 聞くと、「テレビボードが濃いブラウンで落ち着いたトーンなので、アンティーク系が合うかも」と岩橋さん。続けて同店のアイテム“5点”を使って飾りたいと伝えたら、上の画像のものをピックアップし、このように仕上げてくれた。

一気に豪華な雰囲気に様変わり! コンポートの上にはゴールドのアクセサリーを置くと◎

「こういった雑貨を配置する場合、高さと大きさの異なるものを“三角形”に置くとバランスよくまとまります。今回はフォトフレームをメインにして、それより低くて小さなものをまわりに配置しました。テレビボードは、普段見るときの目線が低いので、奥に高さを出すのもポイントですね」

1つでも十分可愛いけど、5つまとまると存在感が出る! それに300円均一のアイテムだから、これだけできて1500円というのもうれしい♪ おトクに、手軽に、オシャレに、部屋の雰囲気を変えられる300円均一の雑貨たち。みなさんも、春に向けてチャレンジしてみては?

(松本まゆげ+ノオト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP