ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『ワイルド・スピード』、9作目と10作目の公開を2019年と2021年に設定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米ユニバーサル・ピクチャーズとヴィン・ディーゼルは、映画『ワイルド・スピード』の9作目と10作目の公開日をそれぞれ2019年と2021年に設定したことを発表した。

このニュースは、2月2日(現地時間)の夜にディーゼル自身のインスタグラムで最初に明らかになった。ディーゼルは、1月18日(現地時間)にも自身のインスタグラムにて、同シリーズ8作目のタイトルが映画『Fast 8(原題)』となることを明かし、ニューヨークのビル群が映し出されたポスターを公開した。

米ユニバーサルは、2017年4月14日に同作の公開日を確保した。ディーゼルと米ユニバーサルは2月2日(現地時間)、同シリーズ9作目を2019年の4月19日、10作目を2021年の4月2日に公開すると発表した。

両作とも、同じ公開日に封切りとなる映画は今のところない。シリーズ10作目は2021年に公開日が確定した最初の映画となる。

8作目の『Fast 8(原題)』のストーリーはまだ明らかにされていないが、先月米ユニバーサルはキューバでの撮影を検討していると発表した。映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』の監督を務めたF・ゲイリー・グレイが監督を務め、ニール・H・モリッツがディーゼルとともにプロデュースを務める。

ポール・ウォーカーに焦点を当てたシリーズ7作目の映画『ワイルド・スピード SKY MISSION』は、全世界で15億ドルの興行総収入を稼ぐ大ヒット作品となった。

同シリーズの1作目の映画『ワイルド・スピード』では、ディーゼル、ウォーカー、ジョーダナ・ブリュースター、ミシェル・ロドリゲスらが出演し、ロブ・コーエンが監督を務め、モリッツがプロデュースした。2001年に公開された同作は4000万ドルの予算で製作され、米国内で興行収入1億4500万ドルに達し、さらに米国内を除く世界では6200万ドルを売り上げた。


Vin Dieselさん(@vindiesel)が投稿した写真

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP